手前について ―当サイトを奇縁あって【精査目的】でご覧になられた向きが
いた場合のことを期しもしての頁として― 

 
 

特定の事柄の指摘をなさんとしている手前がいかような筋目の人間なのかについて(2010年下半期初期執筆の内容に一部改訂を施しての版として

「実名公開を抜きにしては言い分を受け入れてもらうのに自ずと限界があるであろう(言い分が特異であればあるほど『またぞもってしての下らぬ風説流布か』『話の文責がどこにあるというのか(責も伴っておらぬ言辞に信など置けるものか)』などと受け取られて限界があるであろう)。また、万万が一、発信者・発信媒体を偽っての劣化しての悪質な言辞が散布された際などにあっては、に対する効率的切り返し批判をなすうえでの障りも出てきうるであろう」

 そういった認識の下、手前についての紹介頁を兼ねてのものとしての本頁を設けた。

 と、サイト上での本頁の設置理由につき最初に断わった上で直上表記のページ設置理由と撞着(矛盾)をきたすようなところであるとのことについて述べておくが、 

「この身には[本Webサイトで記したようなこと]のうちの幾分か([幾分か]であって全部ではない)について手前のことを表には出したくはないとの想いも、(と同時に)、ありもした (この身はタブーの領域に触れるのに逡巡するような臆病者では断じてないが、見れば分かろうこととして、如何物と誤解されかねない、取り立てて[物事をよく検討しないとの向き]には如何物と誤解されかねない要素が当サイトの[幾分]かのセクションにあって際立って伴っているとのことがある(と見ている).そして、それに起因する「不寛容なる」向きらの誤解を受けたくはないと考えもしている)
 また、たかだかもってしての手前のこと ――所詮、死ねば、[最早、目もなく、耳もなく、口もなく、無に帰すだけ]の個人のこと―― などより手前が呈示しているとの[情報]、そして、に対する分析プロセスこそが重要・肝要であるというのは(ひたすらに調査に時を割いた者として)重々、承知しており、そうした意味でも属人的なありようについて云々するようなページ(すなわち当ページのようなものである)をわざわざもってして設けるのには、内心、葛藤もあった」

 何故、上のような[ジレンマの問題]が手前胸中にあるかは本Webサイト全体の内容 ――"誤解"を招きかねない箇所を含みつつも[客観的証拠に裏打ちされた重要事]を多く訴求している、との内容―― を検証していただければ分かっていただけるものか、と期待する。分かっていただけるものか、と期待するとし、

[そうしたジレンマ ―筆者紹介ページなぞをわざわざ設けることに起因する葛藤― とは本頁の内容をもってからして「それなりに」メッセージ性強きもの(個人的問題とかけ離れたレベルでメッセージ性強きもの)に調整するよう努めることで折り合いをつけた

とだけ述べておく。

 さて、前置きはここまでとし、下の[本Webサイトのために制作した漫画]をご覧いただきたい。

 いかがであろう。上のような漫画をご覧になられた方の多くは当然にこう思われたのではないだろうか。

『何だ。これは。ふざけているのか』
『低劣なパロディをこさえているようにしか思えないな』

 であるが、私はふざけていないし、下卑たパロディは嫌いである。

 その点もってして、『[クラウン(道化)]を気取っているのか』との銘々誤解をおそれずに、そして、『頭の具合のよろしくはないとの狂風帯びての者が第三者胸中、縁(えにし)無いとの他者の話など普通は聞きたがらない一般的第三者胸中をなんらおもんぱかりもせず(なせず)に妙ちくりんな[俺が俺が話(ばなし)]を展開しようとでもしているのか』との(同文にもってしての)これまた当然の銘々読み手ら誤解をおそれずに敢えてもってして上のようなものをここ本頁にて掲載したのには

[確たる意図] (この身なりの ―練れてないものかもしれないが、もの― 確たる意図)

がある。

 については

本Webサイトで訴えているようなことを広めるために主唱者としての顔を(一部、先に先述の理由から)可及的に見せておく必要がある」 「しかしながら、"タレント"(俗世間の目につくところにて登壇している"役者"ばら)でもないにも関わらず紹介だけが浮いた頁を設けるなど、当然、望ましくはないゆえ、紙面構成を ―(半ば計算しての滑稽性を付与しての諷刺がかったものとしてだが)― 訴求力高きものにする

という目的を達成するために

「敢えて手前の紹介と社会問題告発目的を兼ねた絵図を前面に押し出してみた」

との[意図]が ―ご納得いただけるかは分からないが、手前なりにも、のこととして― あるのである(何故、直前先掲の滑稽絵図(がかってのもの)が訴求力向上を期してのものとなるのかについては続けての内容をご覧いただきたい)。

 その点、上には愚拙こと大森健史 (当然に個人的あれやこれやなどどうでもいいことと思われて然るべきところではあろうも、一応もってして書けば、健史については通例、タケシと普通読みするところをケンジとの三字の読みを親に与えられている次第である) という男の「かなり正確な」人相書きも含まれているとし、話を続けたい (言うまでもないが、[一つ目のヤツ]の方は私ではない) 。

 さてもってして、何故、言論の主唱者の一応もってしての似姿の紹介(呈示)、兼、問題事由告発にまつわっての訴求力向上を企図しての絵図として上掲のごとき漫画を挙げた(と殊更に言いもする)のか。それにつき下のAからDの内容を順々にお読みいただければ、ご理解いただけるか、と思う()。

これより段階的に書き進めていくAからDについて事前に断っておく。
「以下、AからDのうち、AとBの段は意図して(海外映画内容を話の口上にしつつ)[隠喩的なる意味合い]をも訴求事項として付与したものとなっている。
 それがため、読まれているうちに
[理解不能からくる消化不良感]
を抱かれる方も出てくるかもしれない。
 しかし、そこにいう
[消化不良感をきたしかねない隠喩的なる意味合い ―たとえば【ボーリング】のことなどを特段に持ち出しての隠喩的なる意味合い― ]
については私ことケンジKenjiを目立つように配した[下卑たパロディとも見られかねない上掲漫画]の構図からインスピレーションを得ていただきもし、

それ相応の日本国内発の著名コミック作品の「同日多発テロとの兼ね合いでの」予見性を帯びての中身 (日本で漫画から映画化されてヒットした著名作品 ―フリーメーソンはその入会者が入門第一段階で首つりに処される絞首刑者の状況からの復活を必ず追体験させられるとのエンタード・アプレンティス儀礼を包含する組織体にして、愛】を掲げ、かつ、一つ目象徴を重んずる組織体として知られるが、同文に首つりの状況からの復活を見たともだち一つ目と紐付くかたちで描かれている(国内カルトの問題を露骨に揶揄しているような式で描かれている)映画化を見てヒットした国内著名作品― 「同時多発テロとの兼ね合いでの」予見性を帯びての中身) ]

を「よく」精査なしていただければ、理解いただけるような性質のものであるとは見ている。
 途上で"隠喩的"表現にまごついた方も『意味が分からない』などと簡単に放擲(ほうてき)しないでいただけたらば、と考えながらも、である」

A.上掲漫画に描かれている[一つ目の存在]、トライポッド(Tripod)なる存在で、19世紀後半から活躍していた有名SF作家、ハーバード・ジョージ・ウェルズの生み出した[異星人の機械]との設定の乗り物である(ウェルズ小説、近年、映画化されもした『宇宙戦争』の[著作権保護期間が切れパブリックドメイン化が明示されている小説内挿絵]から同マシーンにご登場いただいた)。

 そのトライポッド、―作者ウェルズの[新世界秩序][統一世界政府]といったものにまつわってのフリーメーソンがかった言動もあって― 

[フリーメーソンの象徴物]

との寓意を付与されるようになった存在でもある (:であるから、当サイト指摘事項などに照らして上の漫画にて自身を[一つ目のトライポッド]に向き合うように配した ――※私は(ここ当頁でも問題となる団体ありようについて極々部分的に言及するとの)フリーメーソンリーやそのアライアンス・パートナーとしての役割を帯びている (と属人的な、【語るにも忌まわしき経験】から判ずるに至っている) との日本の国家寄生カルト (フリーメーソンがロッジを設けて欧米社会に組織細胞を拡散させているように各地に会館を設置して日本社会に組織細胞を拡散させているとの某団体) の動きを彼ら【外側】から見晴らし良くも観察するとの立ち位置にいたため、【精神性を含めて他から奪うことしかしない(組織体として、その成員の心根からしてテイク&テイクをモットーとしている)ようなメーソンやその[ともだち]にも比定されようとの大規模カルトの如き存在】が大嫌いであり(感情先行の申し分ととられようが、それは自身や自身の守らんとする者、そして、社会(それが根本から紛いものであったとしても極々部分的には美風は帯びているかととれはする社会)を害するのに何時でも使役されようと[偵知]している者達に対するほとんどもってしての生理的嫌悪感に依拠しての申し分ともなる)、 言うならば、その意で私とそうした団体の成員は[対峙する関係]にあると言えるし、この命が尽きるまでそうあり続けたいと考えている ( I am not a member of Freemason.)―― )。

 さて、マシーン、トライポッドが「何故」、フリーメーソン寓意物になっていると述べられるかは当サイト内の他ページ・他記事、

[フリギア帽と呼ばれる複数国・複数機関で用いられている象徴物とメーソンの関係について扱った当サイト内別記事の中の該当記述部](:[赤き帽子に秘められた操作の比喩] ―クリックすることで遷移可能― と題した記事の[トライポッド海外描写動向解説部]を参照のこと)

などに譲る(直上にてリンクを貼っているとの当サイト内他記事に委細を譲る)として、である。

 ここでまずもって問題とせねばならない(と申し述べたい)のは

「メーソン寓意とトライポッド ―上掲漫画絵図に配しての一つ目の異星の機械― という存在を介して「も」結びつくウェルズという男は
[フリーメーソン(的なる紐帯)を動かす力学の「事前」計画示唆要員]
だったと述べられるように「なっている」」

と判じられるとのことである。

 容易に「実証」できることとしてH・G・ウェルズは己で考えたかも怪しき作品(しかも一部、フリーメーソンの理念を露骨に体現したともされるような作品)の中で

人類の技術動向の進展とその技術動向進展によって何がもたらされるのか
戦争等、人類の一大イベントがどのように勃発するのか

とのことらにつき、

[絶対に偶然では片づけられない正確性 ―具体的なる例示で[証示]可能― ]

でもって克明に「前言」をなすが如くことをなしていたと摘示可能であるから、そうも、

「ウェルズはメーソン(を動かす力学)の事前計画示唆要員であったと述べられるに「なっている」」

とするのである(※典拠となるところは直下紹介の当サイト内の他記事の参照を願いたい)。

※上のこと、ウェルズが将来の(操作の)予定の事前示唆要員であったと判じられるとのことについては本Webサイト上の[プログラムに準拠して起こされる大事件。その隠喩的事前表明によって操り人形達を統制する手法] ―クリックすることで遷移可能― という題の記事の[根拠詳述部]などを参照することを強く勧めさせていただきたい

 そして、―きわめて重要なこととして― さらに問題とせねばならない(と当頁で訴求したい)のは

ウェルズの同類と思しき者達が、そう、ウェルズのまさしくもの現代版ととれる者達が人類に大災害(おそらく人災)をもたらす意思・動きがあると最近のサブ・カルチャー群の中で事前表明"させられる"ようになってきている

とのことである(:国内外でそういうことがある。いいだろうか。それは ―(触る程度に一部、ここ本頁でも言及することでもあるが)― [はきと指し示せること]となっているとのことでもある)。

 ここまで読んだ上で多くの方が内心で ―当然にも― 応えておられることだろう。
『何を馬鹿な』
と。

 だが、現実にこの世界では幾つもの「色がついた」サブカルチャー作品にて

[911の事件を起こすことの事前表明が露骨かつ頻繁になされていたこと]

具体的な根拠の呈示とともに告発されるに至っている、にも関わらず、テレビ画面の中で非本質的なことしかしゃべらない者達が揃いも揃ってそのはきと明示されているところの[事実]を無視しているという信じがたい事態が具現化を見ている(:[是非とも裏をとっていただきたきこと]として当サイト内他所でもその委細について詳述していることである)。

 だけではなく、そこにいう

911の事件を起こすとの事前表明作品

の中にあっては

人災 ―(マン・メイド・ディザスター)― としての(911とは別の)大災厄を起こすと示唆するようなもの

がとみに、そう、露骨に含まれている、ということも「また」あるのである(※)。

(※「911事前表明作品と大災厄現出示唆作品との関係」についての委細は当サイト内他所表記に譲るとして極々一例を挙げれば、である。911の露骨な予告作品となっていたと指し示せる映画『ファイト・クラブ』(ここ本頁の直下にて「も」言及する作品と、同『ファイト・クラブ』に先立つウィルスによる大量死後の世界を描く映画『12モンキーズ』の関係などがまさに着目すべきものとなっている;[ウィルス撒布による人類絶滅寸前の世界]を描く右『12モンキーズ』がアトラス・エンターテイメントという会社によって製作"させられた"ことも極めて重要であることを当サイトでは訴求している)

 さて、「己で考えず、他の存在の意思を代弁させられることもこのような世界ではやむなしか」とある種、寛容をもって"被"操作者の挙動を手前なぞは見てもいる(私自身は強いられて何かを他律的にやらされることとは無縁だが、システムの問題はよく理解しているつもりではある)。

 であるが、それが

[多数人の生き死にに関わる事態を出来(しゅったい)させることの事前表明]

となると話は別である。

 [この世界であがく者達]をモチーフにしつつも、そして、悪を告発するような体裁をとりつつも、本当の意味でシステムの裏側に知っている者だけが理解できる性質の悪い二重話法を仕込ま「させられる」。仕込ま「させられて」、多数人の生死に関わる予定を「事前」吐露"させられている"ような作品に相対する寛容の精神をもって見る気にはなれないのだ(その作者が"半分で"勇気を持っていても、その作者の作品が素晴らしいものでも、風刺や批判の対象とせざるをえない)。

 いいだろうか。直近、"作品に相対すると・・・・"としたが、

[不快な予定の事前吐露作品]

は「ざらに」というほどに「ある」のである ―※上にて奇態な構図をパロディがかってのものと受け取られもしようとの式で挙げたところの国内著名漫画作品(近年三部作構成で映画化されもしている漫画作品)が[一つ目のおともだち]の暗躍による自作自演の同時多発テロの発生を911の事件発生前から描いていたとのその一事をもってして予見的言及の範疇に入れるかは人によって見方を異にすることと思うのだが、そのようなレベルでは済まぬとの露骨な事前吐露作品が山というほどに「ある」のである―  なおもってしてナイン・ワン・ワンの予見とのことについては、動画サイトでそれ相応の英文キーワード ―当サイト上の他所にて細かくも紹介しているようなキーワード― を入れて探査いただければ、[異論を許さぬ視覚的根拠提示をなしている英語圏動画]も現行は多数、表示されてくる

 例えば、意図もってここで話すこととして、

[ボウリング(ピン倒しゲーム)絡みのハリウッド作品]

が挙げられもする。

 公的には[同時多発テロ]などと表されもする911のあの事件を

「ボウリング絡みの映画が示唆していた」
「そして、その作品が911の後に何が起こるか「も」(イラク侵攻との絡みで)事前表明していた」

との指摘がなされていたりもするのである。

 具体的には
ここ本頁で挙げた上掲漫画的イラストと「視覚的に」結びつく「ボウリング(ゴルフが穴に球を打ち込むことを主眼としている競技であるように鉄球を最終的に穴に打ち込むとの帰結を不可避としているとの球技)の寓意にも通ずる」国内サブカルチャー作品の細かき内容を想起される方も当然にいようかと思われるが(であれば当方の意図を汲んでもらっているとのことになる)、 国内作品ではなく外国作品 ―極小的な例を目立って挙げすぎているかとも思うのであるも、のハリウッド作品― の話をなすとして

『ビッグ・リボウスキ』

というボウリング・ゲームと濃厚に結びつくナンセンス(そして幾分もって猥雑な)米国映画が911の事件と続くバビロンの地 ―イラク― への進出をボーリング描写絡みにて事前表明していたといった話があったりするのだ。

(のような動画がまだ残置・公開されているかは保証できないが(消除のおそれもあると見ている)、ハリウッド映画群と911の事件の関係を扱った英語動画群 (私が把握するところではたとえばもってしてパート30「超」まで続く,目を見張るところがあると少なからずの向きに着目された(と見受けられる)[ナインワンワン・ヒドゥン・イン・ハリウッド]との動画シリーズのうちの一セクション等) が上にて表記のことをワンカットで取り上げもしている ――※1.動画などでは映画『ビッグ・リボウスキ』の中で小切手が切られるシーンで【911の前言と結びつくイラク戦争の再演】が瞬間的に示唆されているとの指摘がなされている(:その点もってして現実に sept 11との英文日付表記がなされた小切手が(映画の冒頭部ナレーション後にすぐに移行する支払いシーンにて)登場することは映画を一時停止視聴することで確認出来ることである(日本にて流通を見ているDVDではおよそ本編開始後3分後のシーンを視てみるとよかろう.英語略記表記でセプト.11との小切手が切られていることが確認出来るはずである)。 にまつわって「問題となるのは、」 sept 11との日付が個人小切手券面に記載されるとのそのシーンにて年数表記の部が91年(1991年)と書かれている、すなわち、【丁度9月11日のテロの10年前】との表記がなされているとのこと、そして、そうもしたシーンの直後、主人公がクウェートへの侵攻を批判する政治屋のテレビ・インタビューを(個人用小切手、英語でいうところの[チェック]を切っているとのレジにて)仰ぎ見るとの描写がなされていることである。言うまでもなく9月11日の後に起こったのは「第二次湾」岸戦争(イラク戦争)であるわけだが、1998年に封切られたものの91年の世界を舞台として設定している映画『ビッグ・リボウスキ』の冒頭部の不自然なるところは作中の【一九九一年九月十一日】に湾岸戦争でのクウェート侵攻の批判をなしているとのテレビの画面を「既に第一次湾岸戦争が劇中舞台となる世界にて半年以上前に終結している中で」登場させていることである(ちょっと調べればすぐに分かるようなところとして第一次湾岸戦争は二月二十八日に既に終結している)。であるから、一九九一年九月十一日などという日付を第一次湾岸戦争と結びつけるとのその描写は九月十一日と第二次湾岸戦争の関係を「必要以上に」想起させるものでもあるとのことになる (くだくだしくも書けば、98年に封切られたナンセンスな(そして幾分もってして猥雑な)映画が【9月11日】との日付と(既にもってして91年の2月に終結しているはずの)【湾岸戦争】を作中の91年の(9月の)世界で結びつける蓋然性がない、だから、際立っているということである(現代史に関わる細かい出来事の流れを認識している向き、ないし、アメリカ人ではない限り気づけはしなさそうなところなのだが、とにかくもってして、である))。 2.またもってして、YouTubeなどで流通している告発動画の中には映画『ビッグ・リボウスキ』と911の関係について普通に映画を見る限りでは絶対に気づかないような隠喩的表現が込められている可能性を問題視するもの「も」ある(消除されているのならば「あった」になってしまっているかもしれないが)。 それは劇中、自身と同じ姓の大富豪と間違われた映画『ビッグ・リボウスキ』主人公がその大富豪邸宅を訪れた際に大富豪秘書に大富豪事跡を紹介されるとの序盤部シーン、そこにて不自然に【巨大な鍵のオブジェ】が登場し、その「巨大な」鍵が【カリフォルニア州パサデナ市より贈呈された鍵】であると言及されている部にまつわってのこととなる同シーンは日本にて流通しているDVDなどではおよそ本編開始後10分後ぐらいのシーンにて現われる)。【鍵】(キー)となると家屋入り口となるわけだが、ゲートと結びつく郵便配達のことを想起させるようなところとして郵便番号(アメリカのジップ・コード)がカリフォルニア州パサデナ市では若い番号順として91101ではじまる、そして、91101とはまさにアメリカにおける20「01」年9月11日の日付表記そのものであるそれゆえ、蓋然性がなんらないところでの巨大な鍵のオブジェの「パサデナ市(郵便番号91101からはじまる地)からの贈り物のキーです」と言及されながらもの描写については寓意性が見てとれる、そうも問題視する向きもあるのだ(確かに壁に巨大な鍵のオブジェが飾られており、それについての言及がこれ見よがしになされるというのは「不自然」である ―ただ、普通に映画を視聴している限りは絶対に気づけないようなところ、指摘なした向きはよくそこまで思い至ったものだなと見えるところではある(なおもってして鍵のことを『ビッグ・リボウスキ』主人公に紹介した大富豪リボウスキの秘書を【脇役】として演じているのはフィリップ・シーモア・ホフマンとの俳優ともなるのであるが(たかだかもってしてのウィキペディアなどでも即時に確認できるところである)、同俳優、ホフマンは著名小説『ティファニーで朝食を』の作者として知られる物書きのトルーマン・カポーティを主役に据えての映画『カポーティ』にて主演をなしている個性派俳優「とも」なり(2006年アカデミー主演男優賞受賞のカポーティ配役俳優)、同映画『カポーティ』(2005)にて同俳優ホフマンが演じるトルーマン・カポーティが時針にて【9】【11】を指す時刻(8時55分)にてのこれより絞首刑に処される者よりの電話に患わされているとの描写などが見受けられるとのこと「も」その伝で行けば問題になるかもしれないな、と(「行き過ぎているfar-fetchedと何も識らぬ向きには「当然に」受け取られるところではあろうが.」と見つつも)手前なぞは見立てている(閑話休題))― )。  またもってして、映画『ビッグ・リボウスキ』については後半部にて登場する主人公の内面世界の中でのボウリング・シーンにてイラクの独裁者サダム・フセインがありし日のワールド・トレード・センターを下から仰ぎ見たようなかたちのそびえたつ超巨大シューズ・ボックス(無論、実に奇怪なるものではある)の前で受付けマンをやっており、そのフセインが仏頂面でナンバー11「など」と結びつくようなシューズらを指さし出すとのシュールな描写がなされているとのことがあり、そのことを他経緯から予見描写との兼ね合いで問題視するとの(現時点での)流通動画にての言及もなされている)

 その点、多くの材料の分析に明け暮れてきたこの身の見立てとして、である。直上にて言及した、

(冒頭にての小切手振り出しのシーンの瞬時表示日付が9月11日となり、それが後のイラク侵攻を想起させる描写と「不自然に」接続させられてもいるとの按配の映画にして、劇中、(これまた不自然に)【巨大なキー(鍵)】と【郵便番号91101ではじまる地パサデナ】を結びつけているとの作品でもある映画『ビッグ・リボウスキ』に見る、)
【911予見的言及と通ずるボウリング描写を含んでの側面・やりくち (恣意性を想定すれば[やりくち]となるであろう)】

などに見る描写にあっては ―本ページの上の部に風刺がかってのイラストを挙げての国内にての漫画作品と相通ずるところがある「ボウリング絡みのもの」として「も」― 

「[それなりの背景]がある」

との判断がある。

 そこにいう、

[それなりの背景]

に関わることとし、かの九一一の事件をして、

[フリーメーソンの極まっての者らのような[憑かれたがごとくの操り人形]の挙動のハーモニーによって部分的に実現した事件]

として見た場合(どうしてそういう指摘がなせるのかの多重的な論拠は映像論拠・視覚論拠としての具体的根拠との式で指し示し可能なことである)、 911の事件に極めて深い関わりを持つものとして

スフィアというワールド・トレード・センター ―二つの塔が建っていた場― の間に据え置かれていた球形オブジェ]

のことが問題になってくると ―(話が際限なくも遠洋へ遠洋へと流れていっていると響きもしようかとの筆致とはなりもするが)― 述べられるだけのことがある。

(:スフィア]と呼ばれるツインタワー敷設の球形オブジェについてだが、映画『ファイト・クラブ』、複数ビル爆破に向けて話が進んでいく同映画『ファイト・クラブ』(1999年公開)の中でツインタワー敷設オブジェたるそのスフィアのイミテーションが爆破ターゲットとして目立つように描かれていたといったことも ―指摘する欧米人も少なからずいることとして― 問題になると述べたい。それにつき[映画『ファイト・クラブ』の中で爆破対象とされたスフィア(イミテーション)]は爆破後、ボウリング・ボールのように転がることとなり、チェス盤上の床の場に向けて進んでいったと描写されている(ここでは他映画『ビッグ・リボウスキ』を切り口上に話をなしているわけだが)。  いいだろうか。[複数ビル爆破の結末に向けて話が進んでいく映画]の中で現実にWTCのツインタワーの間に現実世界で敷設されていたスフィアのイミテーションもまた爆破ターゲットとして目立つように登場し、それが爆破後、ボウリング・ボールよろしく転がることになっていたと描写されているとのことがある ―ちなみにビル群の発破倒壊による頭からのパンケーキ状倒壊を描く映画『ファイト・クラブ』が封切られた二年後に発生した911の事件では(映画結末と同様に)ツインタワー周囲のワールド・トレード・センター・ビル「群」がパンケーキ状に倒壊し、うち、ソロモン・ブラザーズという証券会社や諜報機関が入っていたビルの倒壊劇については(映画『ファイト・クラブ』と態様まで同様に)[時限爆弾を用いた発破倒壊]だったとの意見が(建築・爆破の専門家団体によるものも含めて)今なお根強くある― )

 そこにいうスフィアという(ツインタワーの間にありし日据え置かれていた)オブジェ](の相似形)が ―ここの段階では『何を述べんとしているのか理解に失する』と思われもしようところだろうが― 、

「フリーメーソンにとって重要な人間が著した歴史的資料、しかも、911の事件(にまつわる予見描写「群」)と背景思想を共有しているような歴史的資料の中で
ボウリングにいうところのスネークアイという局面と同じ位置にあって描かれている

ということがありもする(※)。

(※私なぞは上記のことに気づかされて、心底、『ふざけたことを』、と思わされもしている。ちなみに、(先掲の滑稽がかっての絵図がそのパロディと「見える」ものともなろうとの著名国内漫画作品にて「も」そちら描写が手前などにとり意味深くもとらえられる式で描かれているとの)スネークアイとはボウリングで最奥列のピンの両側だけが倒れていない状況を指し、その解決困難な状況が[蛇の目]にかこつけられているなどと一般には説明される)

 ワールド・トレード・センターの二つの塔をボウリングの両側のピンとしツインタワーの間の中央部に配された球形オブジェたるスフィアをボウリングのボールと解して、とにかくも、そういうことが歴史的資料の中に見受けられるとのことが「ある」 ―そうは述べつつも、そのようなことまで口にする人間は(よく知っているだろう者達も含めて)今日に至るまで絶無に近しかったわけではあるのだが、[主張なす者がまったくいないとのことは主張なされることが真実ではないことの証拠にはなりはしない]とのことは言うまでもない― 。

 ここで上にての話につき、

『得体の知れない"こじつけ"もいいところだ』

と思われる方もいるだろう (あるいは雅量(寛容さ)の問題をより低くも見積もれば、よく考えもしない、いや、どころか、全くもって自分で思考もしないとのそういう者らを含めての多くの向きらに『頭のおかしな人間の意味の分からない戯言だ』などと思われること「にも」なろうかとは思う)。 他者内面を忖度すれば、「無論のこととして」として顧慮せねばならないような話として、である。

 だからこそ、そういった心証、『得体の知れない"こじつけ"もいいところだ』といった心証(あるいはそこにさらに軽侮が増しもしての心証など)を抱かれた向きのために話を単純化させて表すが、

「ある団体に取り込まれた者達が多数人の死傷につながった事件の裏で暗躍していた、との"具体的判断材料" (その露骨さから[証拠]と述べても差し障りなかろうと手前は判じてきた) が「ある」 俗世間にて911の予見描写とされるものらの中にあっては、たとえば、フリーメーソンのエンタード・アプレンティス位階のトレーシング・ボード構図とオーバーラップする式が「多く」登場を見ており(いいだろうか.「多く」登場を見ている、である)、またもってして、組織[理念]とのことになれば、 ―それを頭から信じている輩は機械のような者だけだとは思うのだが― 911の事件の塔の崩壊がフリーメーソンの[ソロモン神殿の(柱の)遺構にまつわるロイヤル・アーチ位階の形式張った思考法]と共通性がみとめられるとのこともが「ある。 また、爆破テロに通ずるフリーメーソンに通ずる紐帯の「露顕した」過去のやりようとしては、である。行政・立法の最上位層に浸潤したメーソン人脈らが関わるところとしてイタリアにあっては自国民に対する偽装赤色テロ(駅舎の爆破など多数の被害者を産んだ多数の偽装「テロ」)の実態が報じられてスキャンダル化した、そして、メーソン間での(表向きの)破門に通じたとの前例もある)。 そうしたことが指摘なせるようになっている中でフリーメーソン・ドグマの中枢に接続している概念を広めた(メーソン的紐帯の)教祖級の人物が数百年前にものした書物と911の事件の予見事物の間には意味論的かつ視覚的なる[一致性]が伴っている(実態の問題として911の予見描写事物らとされるものらを通じての異様なる多層的な繋がりが伴っている)とのことがあるのを"摘示する"こと「も」またできる(無論、右のような話が常識の世界では[馬鹿げたもの]となるのは百も承知だが、客観的証拠は揺るがない))
 そして、問題となる具体的判断材料には現代に置き換えれば、[ボーリング]で仮託できるような側面「も」が伴っている」。

 ゆえに「問題となる」と申し述べるのである上の申しようが真実であるとの論拠も[本Webサイトでの膨大な字数を割いての論証部]の中で呈示しているのでその部の参照を切に請いたき次第である

 さて、「一旦」、話を単純化させたところで[ボウリング絡みの事前言及](当頁にて先掲のパロディがかっての漫画の元としての著名国内サブカルチャー作品、[同時多発テロ]を扱った[ともだち]ら暗躍を描いているとの同サブカルチャー作品にもそれがモチーフとしてみとめられるとのボウリングに通じる事前言及)についてより具体的なる話をなす。
 それは下のようなことである。

現時、―(多く私と異なる話柄によってだが)― その[儀式性]が海外で問題視されるようになりもしている911の事件。[二つの塔]が崩された同事件と関わっているとはきと指摘可能な特定固有名詞群がある。
 それら特定固有名詞群に"事件を巡るありよう"に見るそれと同様、接続しているとの思想家の著述がある。
 そちら著作が
[フリーメーソン揺籃期の立役者] (メーソンの英国グランドロッジが正式に建立される前の立役者)
などともされるフランシス・ベーコン (高校の世界史の授業でもその名が出てくる有名な論客・思想家) が数百年も前にものした著書『ニュー・アトランティス』という著作となりもし、同『ニュー・アトランティス』の中では
【[ツインタワーに仮託可能な象徴物(と指摘されるし、実際にそうだと解せられる象徴物)]と[スフィア](上述)を結びつける構図
が立ち現れもしている
。 しかも、後の911の予見描写「群」(【多】としての複数形である)とそのままにオーバーラップする、視覚的にオーバーラップするとの式を伴ってボウリングにいうところのスネークアイ状のありようをもって同じくもの構図が立ち現れもしているということが「ある」のである (追記:右については、たとえばもってして、[問題意識の所在]と題した本Webサイト掲載カテゴリを最初から精読し[問題意識の所在―9―]の図像紹介部に至った段階で(多少は)理解できることだろうとは思うのだが、またもってして当サイトにより理解に資するとの具体的確認方法を含めての膨大な文字数を割いての解説部も設けることとした) 。
 そのような側面に
[911の事件の事前予告映画(と述べてしまって問題なかろうと訴求したいし、実際にそれ絡みの訴求を細かくもなすとの作品)、ビル爆破に向けて話が進んでいく『ファイト・クラブ』(当サイト内他所詳述の映画)がワールド・トレード・センターのスフィアを劇中の一石二鳥計画でボウリングボールよろしく転ばしていたこと ―そして、そちら描写がまたもってしてフリーメーソンのエンタード・アプレンティス位階(徒弟位階)トレーシング・ボードとチェス盤紋様ありようも込みにして絶妙に重なるようになっているとのこと― ]
[(直上言及の『ファイト・クラブ』には劣るが)911の事前示唆を含んでいたとの指摘がなされている映画『ビッグ・リボウスキ』(ここ本頁にて上述の作品)にてチェス盤状の床 チェス盤はメーソンの交流会館ことロッジの象徴物である― の場でトランス状態でのボウリングゲームが繰り広げられていたこと]
の双方に伴う【予見的ありよう】と【メーソン・シンボリズムとの多重的接続性】 (それは『ニュー・アトランティス』表紙イラストに通ずるものでもある) の問題を加味して考え、ボウリングの話にすら性質悪き者達の[事前示唆の挙動]が相応の式であらわれていると見ることになんら無理はない

(だからこそ、私はここ本頁が如きものからして(半ばもってして隠喩的なものながらも)批判をなさんとしてもいる。我々、人類がボーリングでいうところのスネークアイのような打つ手なしの状況に陥ってはならないと考えて、である)

 以上、掲載漫画を顧慮しての意図的隠喩を込めた(海外ならぬ国内で漫画から映画化された有名サブカルチャー作品のことをも顧慮しての意図的隠喩を込めた)Aの話はここまでとしておいて、さらに次いで、Bと振っての部に入ることとする。 

追記:直上にて表記の申しように対する見立ての変遷と従前申しようの典拠呈示にまつわっての【追記】部として

Facts have to be discovered by observation, not by reasoning. ― Bertrand Russell
「事実とは【理論化】(理由付け)の類ではなく【観察】(検証)によって発見されなければならないものである」(バートランド・ラッセル)

とのことは本来的にはいちいちもって他者言辞を引くまでもない一般論であるべきところか、と(当然に)思う。
 そうも言及した上で書くが、自身の[話者]としての顔を呈示しもした本頁では[「一体全体」どうしてそのようなことが言えるのか、との【極性】を帯びてのこと]として、

【フリーメーソンの類が911の事件の具現化に大なるところとして関与している(と判じられる)】

とのことに言及している、多く通常人には陰謀「論」 ―陰謀「論」とは「論」が「論」を脱しえない所以(ゆえん)として不十分な証拠(多く第三者が検証しえないとの証拠)に多く拠ってのものとも言えよう― としかとれえられないだろう(と考えられる)とのことに言及をなしていたとのその点についてここ(枠で括っての)【追記】の部にて以下のこと、断っておきたい。

この身は「部分的には
以下、(ここ追記の部にて)呈示する論拠
 ―(批判的)検証を請いたいとの論拠でもある― 
に基づいておよそ2009年あたりから、(2001年に発生した911を起こした尋常一様ならざる【力学】があると見られる中で)、その大なる人間レベルの顕在化にはフリーメーソン(の紐帯)が関わっていると判じるに至りもした
だが、同じくものこの身は(ここ追記部を書き記しているとの)2013年下半期以降の見方の変遷の問題として自身が従前そこに至ったとの判断(上記判断)には『行き過ぎがあった「かもしれない」』ともとらえるようになっており、であるから、何であればそちら従前判断に基づいての表記 ―フリーメーソン的紐帯のやりようが自作自演テロをきたす方向で人間レベルでも作用しているといった表記― を(加速器絡みの行政訴訟に国内でかかずらうなどの常識的やりようの一方で)一部ながら目につきかねないところでなしていたとのその点について前非を認める用意「も」ある。 そう、本当に問題となると結論を下すに至ったことを訴求する (訴求用の会社まで設立し、かつ、それ絡みの行政訴訟までを提訴していたとの式で自身がそれこそが問題の根本に関わると判ずるに至ったことを訴求する)上で【フリーメーソン的紐帯の[テロ]の演出に対する浅からぬ関与】といった論点については(人間という種族に突き付けられた限界線にまつわっての傍論として「も」)固執すべきことではないととらえるに至っており、なんであるのならば、同論点に伴うその真実性についての申しようを[黒]から[灰色](ただし直下呈示の事由などより【限りなくも黒に近い灰色】だが、灰色を断罪することには人間として大いに問題があろう)に留まるものへと後退させるとの方向で「従前、同じくものことについてさながら黒であると断ずるような式をとっていたとのことで他ならぬこの身からして実に愚かでありました」と自身の前非をあらためるとの用意「も」ある次第なのである (自身で過てる可能性が ―たとえもってして微々たるものでも― あると判じたことに何時までも留まっているのは[自己欺瞞者]ないしは[他者に対する積極的詐欺師]のやりようであろうと考えている人間として[話者にとり不必要、聞き手には最悪有害たりうるとの意固地さ]の問題は当然に回避したいと考えている)

 以上、行き過ぎたもの「かもしれない」(と現時にあっては判ずるに至っている)とのこと ―フリーメーソン(の紐帯)が犯行に与していると断じるとの式(2009年以降、[確信]に強くも傾いていたとの内面ありようにも基づいての式)― を「恥ずべきことこれ限りなしのところとして未熟の極みでした」と撤回する心づもりもがある、と申し述べた上で、「だが」、続けて次のこと「をも」(ここ訴求用サイト内追記の部にて)書いておく

「フリーメーソンの一部紐帯が

【[間接正犯]事例にあっての[故意ある道具]】 (【[間接正犯]事例にあっての[故意ある道具]】とは犯行がなされる上で正犯(真犯人)たる存在が他にいる場合に別の者(達)が[道具]として利用されるケース、そうしたケースにて利用される者(達)が正確なところまでは状況を認識しない中ながらも【犯意】と言えるものを多少は有しているとのその場合を指す語であると聞き及ぶ ―たとえばもってしてなんからの訳有りのものだと分かったうえで[爆弾入りの小包]をそれとは明確に知らずに設置する仕事をいわれるがまにまに手足としてやりおおせさせられる者達のことを【間接正犯事例の故意ある道具】と法律解釈論で評することがあると聞き及ぶ― )

の如きもの「ですらない」可能性もありうると現時点では判ずるに至っているのではあるが、「しかし」、彼ら一部紐帯が【間接正犯にあっての故意ある道具】あるいはそれ以上のものである[確度]はそれでもなお十分に高いと判ずるだけの「容易に検証可能な」材料ら ―ただしもって世の中にあってまったくもってして取り上げられておらず、かつ、臆病者らはそれに直面することに尻込みするかもしれないとのものだが、の材料ら、でもある が「現実に易くも確認できるところとして」存在しているとのことは「ある」。 それは【事実】(観察によってのみ捕捉されるべきところの【事実】)である。
 その点、当サイトにあらたにもってして追加として加えた部としての下にて呈示の典拠紹介部の内容 (読み手もさしていなかろうと見るに至っている、そして、耳目につきがたくもなっていると判じられるようになっているとの当サイトのようなものにあってそこまで呈示する必要はあるのか、との見方もあったのだが、節義の問題から呈示しもすることとした典拠紹介部の内容) を疑わしきにおかれては確認されたい」

上に言及のことの【典拠】となるところについて以下、箇条書き形式で(便宜的に[1]から[4]と割り振って)呈示するくこととする

[1]911の事件が発生することを予見しているとの作品らが ―(問題はそうした【予見作品】らが化け物がかった式、あまりにもの「非」人間的な力学で具現化していると申し述べられることでもあるのだが)― 存在しているそして、それら奇怪にも存在しているとの予見事物らにあってはフリーメーソン象徴主義との接合点が濃厚に伴っていもする。たとえば、予見事物らにあってフリーメーソンの[エンタード・アプレンティス]位階(紐帯に足入れする者達が最初にそこに組み込まれる入門徒弟位階)のトレーシング・ボード構図(トレーシング・ボードとはフリーメーソンの講義のプロセスで用いられる出来合いの象徴図体系のことを指す)との視覚的・意味論的なる面での接合性が伴っているとのことが「とみに」みとめられるようになっている
 について、
「現実的状況というやつを見ないのは狂人(あるいはそうは見えなくとも質的に狂った人間ら)であろうな」
との指摘に残念ながら、即時、繋がってもしまうようなところとして、日本国内発の特定サブ・カルチャー作品にすら、【911の事件の予見性と通ずる側面】が具現化しているとのことがありもし(文献的事実としての同じくものことの委細については確認方法を含めて当サイト内の他所にて詳述を加えている)、かつもってして、そちら日本国内作品に見る【911の事件の予見性と通ずる側面】に附帯するところとして(他の海外の同文の意味で問題となる【作品】「ら」と同様に)フリーメーソンのエンタード・アプレンティス位階(入門徒弟位階)のトレーシング・ボードをそのままなぞる構図が採用されているとのことがありもし中空に浮かぶ【太陽】【一つ目】【月】を一直線に配する]との式を共有しているとの事物らについて「関係がある」との表現が不適切であるというのならばそうはならないだろうが、私は当然に中空に浮かぶ【太陽】【一つ目】【月】を一直線に配する]との式を共有しているとのことは類縁近縁なるものとしてのありようであると当然に判じている)、 また、同じくもの特定「国内」サブ・カルチャー【作品】に見る予見的構図が【吊された男】(ハングド・マン)に関わるもの「とも」なりもしており、それはフリーメーソン入門徒弟位階(エンタード・アプレンティス・デグリー)の儀礼(入門イニシエーション儀礼)にて【目隠しをされた絞首刑対象者】(目隠しをされたハングド・マン)のロールプレイングが演じられること、そこで目隠しをとられて「汝、光を与えられたり」とのプロセスが必ず発生することになっているとのことを想起させるとのもの「でも」ある(フリーメーソンの儀式動向などというとなにやらおどろおどろしきオカルト・陰謀論の世界の話かと思われる向きもあろうが、フリーメーソン入門徒弟位階やマスターメーソン位階の儀式での目隠しされた死刑囚のロールプレイングのありようといったことは半ば公然化した事実、19世紀からのフリーメーソンによるメーソン儀礼紹介の書籍から現代におけるフリーメーソンリー成員による著作に至るまでその中身についてはきと書かれていることであり、当サイト内紹介部でもそれらより原文引用をなしているとのことでもある)

(以上表記の[1]のことについて【十全なる確認ができる】との遺漏なくもの引用典拠紹介部へのリンクを下に設けておく。疑わしきはそちらを確認されたい ―(※尚、筆者は「国内サブ・カルチャーにて911の予見的描写がフリーメーソンのシンボルと濃厚に接続するかたちで具現化している」とのありようを文献的事実の問題として事細やかに摘示せんとしているが、そうもした国内サブ・カルチャー作品の作者がフリーメーソンであるか否かといった不確実模糊としたことに固執しているわけではない(そのようなやりようは心ある向きがとるべきではない陰謀論者のそれと変わらぬものであると強くも判ずるに至っている)。 筆者が問題視しているのはどうしてそういう予見的描写がこのような人形劇がかったことが頻出すると判じられる世界で具現化しているのか、その【機序】(作用原理)と【意図】(人形遣い:人間を嗜虐的に手繰ることができると見受けられるパペッティアの意図)そのものである)― )

([1]フリーメーソンリーの象徴主義と結びつく【911予見作品】らが存在しており、かつもってして、そこに国内作品もが含まれているとの上にて表記のことらについての典拠は下の当サイト内にあっての(長大なる)典拠紹介部を参照のこと ―(以下文字色改変部をクリックすることで【本サイト内の該当セクション】をブラウザ(インターネット閲覧ソフト)の別タブ(別枠)にて表示するとのかたちとしている)― )

[2]上の[1]にて指摘のことと複合的に思料することでその重みが理解できるところとして次のことが現実にある。

[フリーメーソンの上位位階(の中のロイヤル・アーチ位階)のドグマにはソロモン神殿の崩れ落ちた遺構から新たな世界の構築をはかるとの理念の刷り込みがなされる(トレーシング・ボードというフリーメーソンの象徴体系図を通じての講義で上位位階メーソンに同じくもの教義刷り込みなされているとのことが彼ら書籍より伺いしれるようになっていることである)。 そして、フリーメーソン・シンボリズムと接合している(と直前申し述べた)911の予見的言及描写は多く【ソロモン神殿の柱】にツインタワー(結果的に崩れ落ちた双子の塔)が仮託されているとの側面が伴っているとのことが「現実に」ある]。

 フリーメーソンのインサイダー、【悪の陳腐さの問題】としては日本国内でもカルトなぞの組織横断細胞・集住地域(コロニー)にそういう類が大量に育てられているかとは思うのだが、自分自身の頭でなんら思考しないタイプのアイヒマン型人間(ナチのホロコーストの実行官吏アイヒマンは自律思考しない愚かな小役人タイプとしてジェノサイド演出に関与したとの評論が多くなされている)がそちらインサイダーに多く含まれていようかとは当然に思うのであるも、それら多くのインサイダーが気づいていて当然であろうとのこととして、911にて悲劇が現出した旧ワールド・トレード・センターの跡地に立つことになったのは[「ワン」・ワールド・トレード・センター]というビルとなりもしており(実態は一人の例外も許さずに愚かなものとなさしめられた種族を皆殺しにする計画の中での愚弄を伴った欺瞞であるとも判じられるのだが、については置き、とにかくも、この世界が存続し、新しい世界としてのワン・ワールドがそこに開闢を見るかのように名づけられてのワン・ワールド・トレード・センターとのビルジングがかつてのワールド・トレード・センターの跡地には建てられており)、 それは直上先述の、
フリーメーソン上位位階にはソロモン神殿の遺構から新たな世界の構築が企図されるとの理念がはきとある
フリーメーソン・シンボリズムと接合していると直前申し述べた911の予見的言及描写は多くツインタワーを【ソロモン神殿(の柱)】と重ねての描写となりもしている

とのことと平仄があまりにも合うこととなっている。

(【十全なる確認ができる】との遺漏なくもの(上の[2]のことに対する)引用典拠紹介部へのリンクを下に設けておく。疑わしきにおかれてはそちら内容を検証・確認されたい)

([2]フリーメーソンの上位位階(の中のロイヤル・アーチ位階)のドグマにはソロモン神殿の崩れ落ちた遺構から新たな世界の構築をはかるとの理念の刷り込みがなされるとのことがあり、かつ、そのことがフリーメーソン・シンボリズムと接合していると直前申し述べた911の予見的言及描写は多くツインタワーを【ソロモン神殿の柱】としての描写となっているとのことがあるとのこととあまりにも平仄が合う(あまりにも噛み合う)とのことについての典拠は下の当サイト内他所の長大なる解説を参照のこと ―(以下文字色改変部をクリックすることで【本サイト内の該当セクション】をブラウザ(インターネット閲覧ソフト)の別タブ(別枠)にて表示するとのかたちとしている)― )

[3]日本国内にあっての高校にての世界史の科目でも教科書に載せられているフランシス・ベーコンという人物、16世紀から17世紀にかけての英国で活動したとのその【経験哲学の祖】には【今日に繋がるフリーメーソン(的紐帯)の始祖】であるとの指摘が講学的議論としてなされてきたとの人的背景がある(その動向紹介も本サイト他所でかするようになしている)。 そちらフランシス・ベーコンの主著『ニュー・アトランティス』にあっては
サロモン(ソロモン)の家
との「ソロモン神殿がかってのものを重んずる」今日のフリーメーソン「的」紐帯に通ずるものが文明推進機構としての理想的存在として描かれている
。  そして、同『ニュー・アトランティス』との作品についてはその扉絵からして
【フリーメーソン・シンボリズムと接合している911の予見的言及描写は多く【ソロモン神殿の柱】の描写に通じている】
との先んじての[2]の指摘事項(正確には指摘事項の部へのリンクを設けているとの事柄)と視覚的に完全にオーバーラップするようにできあがっている
とのものとなっている。

(以上の[3]にて表記のことについて【十全なる確認ができる】との遺漏なくもの引用典拠紹介部へのリンクを下に設けておく。疑わしきはそちらを確認されたい)

(【今日に繋がるフリーメーソン(的紐帯)の始祖】であるとの申しようが講学的議論の中で表出しているとの背景がある歴史上の人物フランシス・ベーコンの主著『ニュー・アトランティス』にあっては【サロモン(ソロモン)の家】との「ソロモン神殿を重んずる」今日のフリーメーソン「的」なる紐帯が文明推進機構としての理想的存在として描かれており、そして、同『ニュー・アトランティス』との作品はその扉絵からして【911の予見的言及描写と接続している(と先程来より言及している)ソロモン神殿の柱絡みのフリーメーソン・シンボリズム】と視覚的にオーバーラップするようになりもしているとのことについての典拠は下の当サイト内の長大なる解説を参照のこと ―(以下文字色改変部をクリックすることで【本サイト内の該当セクション】をブラウザ(インターネット閲覧ソフト)の別タブ(別枠)にて表示するとのかたちとしている)― )

 本サイト内の長大な典拠紹介部の極々一部にて挙げているところの図像。
 その内容としては

左上の部に掲載に図]:17世紀前半刊行のフランシス・ベーコンの手になる著述『ニュー・アトランティス』([サロモン(ソロモン)の家]を主軸としている作品)の扉絵。
右上の部に掲載の図]:フランスにあって刊行されたフリーメーソンリー成員 Jacques Etienne Marconis de Negreの手になるフリーメーソン関連書籍 Le Sanctuaire de Memphis(1849)に見るソロモン神殿と結びつけられてのメイソン・シンボル体系の(一例としての)抜粋図。
左下の部に掲載の図]:映画『ファイト・クラブ』にての市中にての流通DVDソフトの再生時間[01時間45分44秒]から[01時間45分55秒]のシーンに登場している爆破シーンについての解説図(DVDの読み手確認を期しつつも手ずから作成してのもの)。
右下の部に掲載の図]:現実世界のありし日のツインタワーの合間に置かれていたオブジェ、 The Sphereについての手ずから作成しての解説図。

 以上、[左上][右上][左下][右下]の各部4セクションに分割しての図葉らの繋がり合いについては線でつないだところを目で追っていただくことでも大体は理解いただけるか、と思うのだが(理解が追いつかないようであるのならば、そこへのリンクを貼りもしている本サイト内解説部の内容を検証戴きたい)、 問題は上掲図[右下]のセクションにDVDコンテンツにあっての秒単位の再生確認箇所を指摘している映画版『ファイト・クラブ』が[ワールド・トレード・センターそのものに「多重的に」比定される金融センターで[グラウンド・ゼロ]と呼ばれることになる跡地を構築するべくも複数ビルの同時爆破が企図される]との明示的およびサブリミナル描写を多重的に含む作品であるとのことが見てとれるとのことであり(上にては現実世界のツインタワーの合間に設置されていた噴水設置の巨大金属オブジェ、 The Sphereの露骨なるイミテーション(噴水設置の巨大オブジェ)の爆破シーンのことを取りあげているがそれとて『ファイト・クラブ』にあっての問題描写の一例にしかなりえない)、 そうもしたことらが映画『ファイト・クラブ』に同文に多重的に伴うフリーメーソン的側面(こちらも参照先として呈示の部で詳述している)と相俟って予見描写として際立っているとのことが「ある」とのことである(:尚、映画『ファイト・クラブ』は作家チャック・パラニューク( Chuck Palahniuk )の同名の原作小説、 Fight Club(1996)を映画化したとの作品となるのではあるが、そこに見る1996年初出原作小説からして[191階]という現実世界にはありえないような「不自然な」高層ビルの爆破が企図されているとの作品となりもしており(そのことも当該の小説よりの原文引用を当サイト内他所でなしている)、映画版にあっての予見描写 ―現実世界のワールド・トレード・センターにて1WTCから7WTCの7つのビルらが頭から崩れ落ちたことに対する予見的描写― に対して[191]との絡みで不気味さを添えるようなものとなっているとのことがある。そして、のみならず、チャック・パラニュークが1999年に小説版『ファイト・クラブ』(1996)に次いで世に出した小説 Survivorからして[狂信者の飛行機ハイジャック][双子と結びつく狂信者][自殺挙動]といった挙動を描いているものである被ハイジャック飛行機を表紙に据えての作品であるとのことがこの世界のありようを推し量らせるところとして「ある」 ―当サイトの他所ではそういうことが単発どころか数多存在しており、濃厚に純記号的側面・意味側面双方で繋がり合っているとのその事実の解説までも事細かになしている(のでそういうことが[我々全員にどういう結末をつけるつもりなのかの意志表示と確として結びついている]とのことについて論理検証したいと考えられた向きにはその検証を請いたい)― )

[4]現実にイタリア御当地の主要メディアに報じられて問題になったとのこととして
【陸軍司令官(ジョバンニ・トリーン)、秘密警察首脳(ジュゼッペ・サントピート/ジューリオ・グラシーニ)、税関長(オラーツィ・ジャンニーニ)、そのほか閣僚数名、共産党除いての各政党有力者、将軍三十人、提督八人、新聞社やテレビ局らメディア首脳、実業界・金融界のトップ、そして、麻薬ビジネスの胴元(南米政権側閣僚にして暗殺組織「トリプルA」を率いもしていた会員ホセ・ロペス・レガ)】
との政財界大物 ―といってもたかだかもってしての役者にすぎぬだろうが― らを含むフリーメーソン組織の紐帯が冷戦下イタリアにあって
国内にての爆破テロ
を何件も実行させてきた、そして、無辜なる自国民を多く爆殺してきた(と主要メディアにさえ報じられている)とのことがある
(著名ジャーナリストのデイビッド・ヤロップの著作『インゴッズネーム』(文藝春秋社より出された邦訳版タイトルは『教皇暗殺』)によると自作自演爆破テロの走狗として用いられたのは【南米から米国に麻薬を輸入する麻薬組織の元締めである(そして政府閣僚でもあった)トリプルAのホセ・ロベス・レガ】に国外逃亡を助力されてのステファーノ・デレキアイエという男の犯行であるとの関係者証言が紹介されている)。 それら人脈を包摂するフリーメーソン紐帯(イタリア(元)首相にしてメディア王のシルヴィオ・ベルルスコーニもその紐帯の出であるとのプロパガンダ・デューの紐帯)は「フリーメーソンの理念にそぐわぬことをなした」とのことで組織より破門をされたと公式発表されているが、の後も、マフィアとバチカンを繋ぐパイプ役を務めていた同じくもの紐帯に組み込まれていた銀行家が殺された際などには複合的にフリーメーソンの象徴が用いられるなどのありようを見ていた(その象徴概要についてまでは多くの欧米主流メディアは報じていない)。
 打ってかわって911の事件については
飛行機突入事件と機を一にした発破爆破テロ「でも」ありうる
との指摘が欧米圏での専門家団体(アーキテクツ・アンド・エンジニアーズ・フォー・ナイン・ワン・ワン・トルゥース)によってなされており ―ただし彼ら指摘の堅さ(確実性)については建築専門家でもないこの身には請け合いかねる― 、そこで不審要素として主として持ち出されている(旧)セブン・ワールド・トレード・センター(第七WTCビル)の倒壊 ―飛行機突入後、かなり時間が経過してから、原型を保っていたものが頭からパンケーキ状に崩れ落ちるとのありようを呈しての倒壊― にまつわる指摘からは
セブン・ワールド・トレードが【ソロモン・ビル】とでも呼ばれそうな按配の証券会社ソロモン・ブラザーズを主たるテナントとしているビル(他に一部米諜報機関も入居していたことがよく知られている)であった
とのこともが想起させられるとのことがある(問題はまさしくものその[ソロモン]である

(以上表記の[4]のことについて【それだけで十全なる確認ができる】との遺漏なくもの引用典拠紹介部へのリンクを下に設けておく。疑わしきにおかれてはそちらを確認されたい)

(イタリアにて露顕したフリーメーソン紐帯のイタリア国民を多く殺しもしてきた「露顕した」自作自演テロについてのありよう、そして、911にあって爆破倒壊説などが専門家団体より今日に至るまで根強くも主張されているとのありようについての解説は下の当サイト内の長大なる解説を参照のこと ―(以下文字色改変部をクリックすることで【本サイト内の該当セクション】をブラウザ(インターネット閲覧ソフト)の別タブ(別枠)にて表示する)― )

 上の[1]から[4]と便宜的に割り振りしてのことら、本サイト内にあっての典拠紹介部にて委細について詳述・紹介しているとのことらが911の実演にフリーメーソン紐帯が関与しているとの判断に手前を至らしめた主たる理由 ―全部ではないのだが、主たる理由― にあっての【確認容易なるところ】となる(ここで選んで呈示していることは、述べておくが、この身の属人的主観が問題になるようなことではない。911の予見的言及「ら」が ―異様なることなのだが― なされている、存在しているとのことからして「市中にあっての幅広くもの流通を見ている映画のDVDコンテンツの【再生時間:何時間何分何秒】の部の確認を(DVDレンタルなりなんなりを通じて)なしていただきたい」「本当にこうした記載がそのままになされているのか市中にあって幅広くもの流通を見ているこの書籍(書誌情報としての書籍)の【何巻何ページ】の部を参照なしていただきたい」といったことを遺漏なく申し述べられるとの(直上呈示のサイト内他所記載部にても解説・呈示しているとの)検証容易なる【現象】にまつわる具体的なる話ともなり、またもってして、予見描写に接続しているとのフリーメーソン・シンボリズムの問題やそれらシンボリズムにまつわっての言われようもフリーメーソンの100年以上前の成員などによって堅いところで書籍化されている(そしてオンライン上からもその内容を確認出来るとの式での本サイト内で引用・紹介をなしている)とのかたちでの確としたものとなっている)。

 などとくだくだしくも申し述べたうえでも ―他ならぬこの身自分自身にあってもそれが【警鐘】として機能する余地がないか絶えず振り返りもしていきたいとの言なのだが― 

The truest characters of ignorance are vanity, and pride, and annoyance. ― Samuel Butler, Hudibras
「無知の最も真を穿っての本質的なる側面は(自分(達)には他を容れる必要は無いととらえる)【虚栄心】、(自分(達)には他を容れる必要は無いとする)【自負心】、(他の相容れぬ見解を容れることに対する)【いらだち】にこそある」 (詩人サミュエル・バトラーによる宗教分派やりようを批判しての風刺詩『ヒューディブラス』より)

との至言(と手前が見ているもの)にてそうもしたありようが強調されているような、生存可能性そのものをときに応じて奪うとも判じられる、

【無知(愚昧)なる状況をもたらす不寛容さ】

の虜(とりこ)になっているとの向きらは[聞く耳]など期待できないか、とも思う(問題は聞く耳を期待できぬとの不寛容さ、それに通ずる【虚栄心】や【いらだち】の類が【シープ(羊)の如き者らに対する脳機序操作】にて限局的かつ他律的に引き起こされうるとの可能性がどの程度、ありうるのかの問題にまで行き着くかもしれないことだとはとらえるのだが、そのことは(本来的には置くべきことではないのであろうも)敢えても「ここでは」置く)

 他面、この世界の「そうだ」と推し量れるところの実態ありようについていかな偏見をものともせぬ、「本当の意味で生きる能力にも通じよう」と私がとらえている、

【寛容さ】

をもって臨めるとの自負がある向きには ―当サイトのようなものは寛容さなどとは無縁なる相応の向き(結果的に自身および自身の属する種族を嘲笑われる中で向こう側に売り渡しもしようとの奴原ら)に耳目につきがたくされている力学があるかとも観察事実からとらえているのだが、といった中でたまさか当サイトをご覧になられたとの向きらには― 確認・検証を是非とも請いたい次第である(疑うところからはじめてもらって、この身筆者の申し分に嘘吐きのそれであると非難・批判できる余地があるのか、是非とも裏をとっていただきたい次第である)。

 以上をもってして

【誤りがあるのならばその一部、例えば、フリーメーソンのやりようについて過度に黒と強調しすぎてきたところもあるとの点を前「非」としてあらためる用意もあるとの従前の手前認識 ――(【傀儡(くぐつPuppets)らが嗜虐的人形遣い( Sadistic Puppeteer )にどう動かされてきたのかのあれやこれやの問題 (過去形であり現在完了進行形の問題でもある) よりも遙かに「重篤性」が高く、また遙かに透明性もが高いとの差し迫った危難にまつわることである(と判じられる)事物ら】をこれより訴求する必要があると「現行」判じているなかで撤回する用意もあるとのせんだっての手前認識)―― を支えてきたとの論拠にまつわっての追記の部】

に一区切りをつけることとする。

B.上のAにてフリーメーソン ―[三角形の中の一つ目]を象徴とする自称世界的"友"愛団体― に仮託されるウェルズのトライポッド([不快なマシーン])に向き合う男として我が身を配置した。「正義の味方こここれに登場」といった風情で配置した。

 けれども、物事はそう単純ではない。必要を感じての手前の紹介頁とした本頁だからこそ強調しておきたいことだが、物事はそう単純ではない。私は[正義の味方のようなもの]でありたいと思っているし(ただ、英雄志向ことヒロイズムを礼賛する気風は私にはない。というより、英雄志向は嫌いである)、現に自身の決して譲らないスタンスは

「他の"尊厳"を冒すような者やその挙動は許してはならない」遵法も何もない低レベルな環境に身を置かざるをえなかった中学生ぐらいの時分にだけ、同年齢の屑のような者達の群れ、知能や力が自身よりも遙かに劣っていた上、人間性が完全に腐っていた者達の群れにへりくだった"ふり"をしていたこともあるが、内心ではその時分より尊厳を冒すような者ら ―たかだもってしての人間レベルの話で言えば、【尊厳を冒す者ら】とは人格・行為態様に確として上等と下等があるとの人間存在の二分類の後者に目立って属するか(については育ちが悪い程、よく理解出来ることだろうとは思う)、あるいは、積極的加害者にはあまりなりえないものの思考しないで道具と成り下がるような操作されやすき者達がそれに当てはまろうと考えている― には屈してはならないとの哲学を醸成していた
「人類のゴーイング・コンサーン(存続)を認めないような者達には命を賭して抗わなければならない ―文明水準で遙かにまさる種族の成員が相手でもそれは変わらない― 」

とのものとなる。

 だが、一つ、含んでおいてほしいことがある ―(つむじが左がかった話の中で「一層、受け入れ難い」と読み手に思われる程に左巻きの度合が強まっているが如きことながら、含んでおいてほしいことがある)― 。
 それは次のようなことである。

この世界は有史以後、悪魔(のような存在)の遊戯場だったと述べられる要素で「満ちている」。そして、人間の実存は多くそういった者達のほしいままにされてきたようにも見えるようになっている(右につき疑義がある向き ―大多数の常識人― は私の公開著作や本Webサイト上の他稿の内容を精査されるとよい。客観的なる具体的材料の束から疑う余地なくそうだ、とお分かりいただけるはずだと明言しておく)。
 であるのにも関わらず、サディスティックな操作者達 ―その横顔について手前などは極めて長い時間をかけて考えてきたとの統制なす存在(注記:低劣な陰謀「論」者がもちだすイルミナティなどといった存在を指すの「ではない」― が
[正義の味方のアイコン(象徴記号)]

を悪しき意図(としかとれぬもの)でもってつくりだすことがままあった、露骨な反対話法の意図(としかとれぬもの)でもってつくりだすことがままあった(と解釈可能となっている)。
 操作をなす存在に向けた場合、そうした存在は自分達自身が
[蛇や竜といった爬虫類絡みのシンボル]
を[絶対に人間レベルではありえない巧妙さ]で操られ人に使用させていた存在でもあったとも「摘示」可能になっているとのことがあり (:右につき冗談抜きに数百年も前のルネサンス期の絵画に精子・卵子の受精過程およびDNAの二重螺旋構造が[蛇紋様]とともに描かれていると述べられるようになっていたりする ―『それこそ常軌を逸しての馬鹿げた話だ』と思われる前に[蛇の紋様にまつわる謎(二重螺旋構造篇)](クリック遷移)と題した本Webサイト掲載記事を参照のうえで視覚的側面なる問題(フィレンツェの美術館所蔵の美術作品にまつわる視覚的問題)につき確認いただきたい― ) 、と同時に、 そうもした存在は[竜退治の英雄・聖人たち]や[亀退治のM柄紋様の赤帽子の男]といった皮肉としての象徴記号を用いさせもしていたとも判じられるとのことがある(

(※付記:上にて[亀退治のM柄紋様の赤帽子の男]を挙げたことにつき ―馬鹿話の中にあってのさらにもの馬鹿話として― 笑って受け流したくなるというのが世人一般の反応であろうとは想像に難くない。だが、しかし、[竜退治の英雄]ゲオルギウスの象徴たる白地にあっての赤十字が[フリーメーソン]にあって象徴視されているのが欧米で有名であるのと「同様の式で」もってしてのことして、である。[赤帽子=レッド・キャップ]にこだわるような類が多く、[自身では全く考えられず他から盗むことしかできないフリーメーソン、あるいはそれ絡みの組織の人間][時に幼稚な陰謀論の枠内にある限りにおいては騙すための表層的自組織批判にもやぶさかではない者達]であろうと考えられるだけの[きちんとした論拠]がある ―そちら論拠の一部については私の[自著公開版](同自著の出版社引き渡し稿は2009年より[著者への印象操作]を目的としているが如くの[組織的なる剽窃行為]の標的にされもしていたあるいは本Webサイト上の他記事赤き帽子に秘められた操作の比喩](クリック遷移)にても詳述なしている

 そう、上のような事情、竜退治の英雄といった象徴記号が[反対話法の体現物]としてそこらじゅうにまぶされているといったことが人類史に見受けられもするとのことがあるがゆえに、

『[真実の完全立証をなしそれを世に問う意志・意欲]を残し、システムに反旗を翻した(とのすくなくもってしての自己認識を有している)私「のような」人間も所詮は封殺され葬られる存在、全身、ブラックジョークの体現物にされている可能性もありうる(でなければ、実利的に【時空間の波を浮かぶブイ(浮動標識)】のようなものとして活用されているのか、【実験材料】にされているだけなのかもしれぬ、愚かな自由意志残存化個体かもしれないとの可能性も大いにありうる)』

と ―そのように考えるだけの判断事由があってのこととして― 危惧しているのである。

 それもまた本頁にて先に呈示の漫画的イラスト(下卑たパロディと受け取られかねないが然にあらずである(とのつもりである)と強調しもしてきたところの漫画的イラスト)の呈示でもって指し示しておきたかった【可能性】の話である。

 典型的な【漫画】の構図では一つ目の化け物に立ち向かった男は化け物を打ち倒すことに成功する。
 が、現実にはその逆の事態が現出され ―呪われた人間の歴史はふざけた反対話法で満ちている.他所で詳述しているように「イエス・キリストが如きものが悪魔の反対話法の象徴物そのものだ」ということもその括りで語れることではある―、 私のような人間は無駄無為に彷徨った挙句に(上記掲載のような漫画の漫画的筋立てとは逆に)巨大なマシーンにぺしゃんこにされてしまう(それを悪しき者達が"別"の領域から嗤う)。 そういうことにもなりうる。

 さらに、状況を踏まえてのことを(書くべきではないかもしれぬ中で)書けば、私のような人間は[蛇の類に抗う人間存在の歴史的象徴]、本Webサイト上の他所で詳述している
[神話伝承にあってもっとも[多頭の蛇の類]を多数、屠ってきたヘラクレス(幼名アルケイデス)の如き存在]
に ―(具体的かつ客観的な証拠に接し、なおかつ、それが「滅亡させる」との意思表示にまつわることであっても何もしようとしない[心底からの臆病者]で満ちているこの世界にあって)― させられてしまっている可能性とてありうるか、と見てもいる。

ここだけ見れば、何故、いきなりヘラクレスの名が出てくるのか、理解不能といった次第だろう。であるが、 ―何も知らぬ人間にいきなり語れば、(一層もってしてかもしれずに)正気を疑われる類の話となろうも― ヘラクレスは[全人類の行く末に関わる象徴物]となっている、"されて"いると判じられる存在である。 911の事件はヘラクレスとも結びつくように「人間業とは思えぬ巧妙さで」調整されていると客観的証拠に基づき指し示せるから(本Webサイト内容をよくご覧いただきたい)、そのように述べもするのだ : 信じがたいことかもしれないが、プロト・サイエンスとしての占星術(アストロロジー)にあって取り立てて重んじられてきた黄道12宮の星座のいくつか(獅子座・蟹座・射手座)に伝承上の由来を等しくも提供しているとのことでも知られるヘラクレスという存在は坂田金時こと日本の金太郎とも[化け物じみた巧妙さ]と[伝承発祥時では考えられぬ天体知識]で結びつくように調整されている存在「でさえ」ありうる。「ベリーバッド(最悪)な話である」が。 とにかくも、本Webサイトに掲載している[ヘラクレスと金太郎こと坂田金時。その信じがたい一致性](クリックすることで遷移)といった記事なぞを読んでいただければ、そういった話については若干ながらも理解いただけることか、とは思う

C.せんだってのAと振っての段で取り上げたような破滅に通ずる事前意思表明の問題があるがために、である。直近表記のBの段にて言及したような可能性 ―(闘うことを放擲(ほうてき)しきった羊の群れの中でこの身からして(柵に追い込まれることを拒んだために)[反対話法の体現物]とされているか、あるいは、より悪くも実験動物の類にされているという可能性)― がまざまざと脳裏をよぎって「も」闘わねばならないというのが私の意志である。だからこそ、まさしくもの最奥の秘密(とでも形容できようところ)に「自力で」到達した人間として本Webサイトのようなものを構築し、種の存続に関わる重要事を暴露した文章を多々、掲載・配布することにした

 としつつ、述べるが、

「ヒロイズム(英雄志向)礼賛気風は私にはない。自己犠牲という名のマゾヒズムも私とは無縁である。ただ単純に人類の、次代のために闘うことが守らんとするもののために闘うこととイコールであるからそうしているだけである(人類の中には守る値打ちなど一ミリとてないと受け取れる、いや、自身の小利のために他の尊厳や安寧を脅かすのを是とするような生き方を積極的に「選択」しているとの式で殺されても文句は言えぬだろうといった手合いも大量に含まれていると見ているわけだが、であっても、自身と自身がよく知っている人々の生き残りを期して闘うことは内包関係上、人類のために闘うこととイコールとなる、ためにその方向性での身命賭しての訴求に(当然にも)力を入れているのである)

(※本Webサイトを読まれた方の中にまだ、虚妄の城とでも表せようところのこの世界に騙されている方がいた場合、私のような類を次のように判ずる向きが出てくるかもしれない ―印象操作などがなされれば殊更にそうなるかもしれない― ために直上にて事細かに手前を動かす内的動機につき解説している。
(ありうべきかと見る手前に対する的を射ていない色眼鏡越しの見方を顧慮、列挙するとして)
「あいつはイルミナティ/フリーメーソンの者だ」
「あいつはユダヤの手先だ」
「あいつは(大規模)カルトの信者だ」
「あいつは民族派閥あるいは逆差別実践派閥の工作員だ」
「あいつは共産党系・新左翼系団体(あるいは新右翼系の団体)の工作員だ」
「あいつは公安の人間だ」
「あいつはアメリカの諜報機関(あるいは中国・韓国・北朝鮮・ロシア・イスラエルなども挙げておくか)のエージェントだ」
「あいつは(異次元に住まう)爬虫類人だ」(デヴィッド・アイクという男が最大限広げるのに貢献した「超」陰謀論上の話柄を意識してのおもんぱかり)
「あいつは悪魔の血流だ」(米国で新興カルトからの脱退者が広めだした陰謀論(がかっての言辞)上の話柄を意識してのおもんぱかり)
「あいつは宇宙人だ」
 以上のうち、どれでもないことは本Webサイトをよくご覧いただければ、お分かりになられるだろう。私が[虚偽の世界を醜く運営している、そして、結末の付け方まで醜くする可能性あるフリーメーソンやその日本でのアライアンス・パートナーたる国家的カルト団体、そういったお【ともだち】ら]の真のレーゾン・デートル(存在理由)と受け取られるように「なっている」ところを自著と本Webサイト上で暴露していることはその現れの一つに過ぎない(と強調したい)。
付記:本サイト公開後、「合法的にといったかたちで」わたし及び当サイトが大規模カルトの関係者であるように見誤らせるが如しの動きが観察されるようになってきている例えば、(『おかしな人間による被害妄想的な申しようである』との誤解を招きかねないことを敢えてもおそれずに書けば)自分達を創価学会関係者と明示せぬ者達が創価学会らしき色彩を出しながら本サイトの紹介を彼らの複数サイト上でなし、それが検索結果に絶妙に反映されているといったことが存在態様変転をしばしば見つつも「観察」されるようにもなってきている私が学会員の類と「曲解」させることを期しての操作と見受けられる。また、これよりメーソンやそれに類似の色をつけた国内ないし海外サイト(単純にゴミをばら撒くために構築されたような一目で宗教的狂人あるいは神秘主義的狂人仕様のものであると分かろうとの相応のサイトでもいいが)からリンクを貼り、当サイトのドメイン名検索時などに検索エンジン上の結果画面から当方 ―突き詰めれば、当方と紐付いた訴求事項ら― が醜団体関係者や宗教的狂人・イデオロギー(政治信条)上の狂人と一味同仁のものであるといった誤解を惹起するような工作がなされうるといったことも観念できる)。そういった状況に鑑み、繰り返し言明しておくが、「(行い・やりようから容易に察せられるように)【真実】を組織的に毀損するために使役されているような勢力、この国、いや、この世界から守るべき尊厳の観念と正しきものを志向する心魂を奪ってきたようなカルト(および諸々の宗教的勢力)と私の間には何の関係もない」)。

D.上のBのようなことが当の私の脳裏にもあることを含んでいただいた上で([私自身が意図せずプログラムの流れに組み込まれている存在、何時、[性質の悪い存在がコントロールするマシーン]にぺしゃんこにされてもおかしくはない存在である可能性]を含んでいただいた上で)、本Webサイト閲覧者の方々には私が提示した情報群の中身を真剣にご検討いただきたい。
 そして、すべてを含んだ上で私のような人間の側に立つ勇気がある方が私のような活動を開始してほしいと願うばかりではある。すなわち、真実を明かし、変化を促す方向で動く人間がたとえばもってしてのこの日本 ―大事なものを奪われて臆病者になってしまった人間ばかりの国― でも出てくることを願っている(:望見する限り、海外ではそれを比較的「真っ当に」やっている方々も一部、見受けられる(といった海外でもフリークショー;畸形を売り物にするショーの類に重要事を貶めるとの輩の横顔ばかりが有名・無名を問わず諸所にて目立つとのことがある、無力感をきたすようなところとして目立つようにもなっているとのこともあるのだが)。 対して日本では....、その先は言うのはよしておく)

 以上、長々となしてきたA.からD.のことらの内容を段階的にきちんとお読みになられた方には、私が一体、どういった人間で、どういった動機でもって本Webサイトを世に公開したか、ご理解いただけるのではないだろうかと考えている(それでもってしてもなお『何だ。おかしな手合いか』ととられたのならば仕方ないか、とも見ているが)。

 それにつき、(一歩進んで)、次のように思われている向きもおられるかもしれない。

『内心の問題は分かった。しかし、外的なところがよく分からない。どういうプロフィールを有した人間なのか。そこまで具体的に書いてこその自己紹介だろう』(日本では履歴書の数行で書かれるようなことで多く片付けられてしまう問題だが)。

 については、下らない肩書き問題に筆を割くことは敢えてしない(学歴も何もかもが、実質を伴っていないのがこの国の教育であることは最高学府で学んだ方々は非常によくご存知だろう。また企業に務める人間のビジネスマシンとしてのありようの問題でも[ローカルな人間関係と資本主義(利ありやなしや)の枠外]で人間性を見ることは多くご法度 ―忌むべき企業横断宗教閥の問題は格別としてのご法度― であるのはサラリーマンをやった人間ならお分かりだろう)。

 としつつ、

「来歴について知りたければ、私の無償公開文書と本Webサイト上の各パート事を読んでいく過程でそれ絡みのことがよく分かるようになっているので、気になる向きはそちらをチェックされるとよいだろう」

と述べるにとどめておく。

 偽物・紛い物の類が【虚飾の外套】をかぶせられているとのことが往々にある、というより、それこそが主要かつ本然的な大部分特質となっているとの節もあるようなこの世界にてお勧めは出来ないが、まだ、そのようなもの(肩書きとしてのきしたし・来歴)にこだわっている向きらはそれら記述を目にし、ご随意に、私のことを信じる/信じないを決すればよかろう (肩書き"だけで"私の話を信じる向きもあるだろう。あるいは、その逆もいるかもしれない。肩書き問題などにこだわっているうちは真実を透徹した視野で見ることはできないようにもとらえるが. ―※流されやすき陪審を流したき方向に流すべくも訴訟でも【人身攻撃】( hominem attack )との戦術がとられうる、すなわち、主張の内容を主張者の属人的特性とすり替えるとのやりようがとられるとのことがあると聞き及ぶ.そうもしたことをよくおもんぱかっていただいたうえで[申しようの中身]それ自体を書き手たるこの身としては見ていただきたい次第でもある)― )。

 それでは、これにて手前の紹介を兼ねての訴求頁を終えさせていただく。


下の部で追記をなしているようなこと、それに上乗せするような形で見苦しくも重畳的に追記をなす必要がでてきた(と判じている)こととして
本サイトのサーバー上の隣近所に
[反ユダヤ系国際金融財閥を掲げている向きのWebサイト]
極めて目立つように存在している
ということが[事実の問題]としてある(:すなわち、同一サーバーの同一IPアドレス領域の隣近所 ―[商業ビルの特定階層の同じ大部屋の中のパーティションで区切られた隣の小スペース]とでも言うべきか― に上記のような論調の方々のサイトが目立つように据え置かれている、ということがある)。
 私のようなサービス利用者が関与できない一般向けレンタルサーバーの設定から何故か、そうなっているのだが(については ―録画していることとして― 2011年下半期特定時期からGoogleを用いての本サイトのドメイン名検索時、即座に「確認」可能となりもしている:サイトのドメイン名のイニシャルの近接性が「確認」を容易ならしめている)、 同点につき、今後、支障なく言論活動を展開していくため/当然にして生じうる誤解を避けるため、必要不可欠なことと見、次のような補足をなしておく。

「本サイトとレンタルサーバー上の同一領域にいかなるサイトが目立つように ―隣り合うように― ホスティング(データ据え置き)されていようとそのようなサイトとも、そうしたサイトを運営している向きとも、私はまったく関係がない。
 もっと言えば、私は反ユダヤ主義者でもなければ、ユダヤ系の財閥に問題が収斂しているようなことを主張するような人間でもない(人種差別主義者であろうとなかろうと、そういった論調を是とする向きと私は関わっていないし、関わろうと思ったことさえない)。
 たとえ、世間一般に私がそうした向きと同じくも
[陰謀論者と看做されがちな言論]
を展開していたとしても

そして、
 たとえ、私のサイトを「何故だか」露骨に意識させるような形で情報発信行為 ―その水準はこの際、問題とする必要がない― を他所でなしている向きが反ユダヤ主義を標榜していようとも(右もまた前から問題となっていることである)
それは[動かぬ事実]である」


 本サイトをきちんと読まれるだろう方々 ―この世界を変えうる潜在力を有している方々かもしれない― には私が何故、上のような断り書きを
[今後の言論活動に必要不可欠なもの]
として付さねばならなかったかお分かりいただけるか、と思う。

 尚、ここでの追記をなす必要性があったことについては弁護士にサーバー会社の特異なる規定 ―[他の利用者]の情報絡みの規定― の話や経緯の問題を詰めている。追記をなしたことにつきトラブルになる言われもなきことか、と思うが ( [私のような誤解されやすき物言いの人間のサイトとの同一IPアドレス領域にての近接性]を国内外からすぐに確認できる反民族系金融閥標榜サイトを運営している方々も同様に『紛らわしいことはよくない』と解釈している「かもしれない」と述べつつ、そう思っている)、 何がしかの問題が生じれば、ありとあらゆる事情・経緯を踏まえてそれなりの対処をする。

Complementary note

I
As far as I can see (and you can see) with Google search engine, a website of persons claiming they are anti-Jewish-financial-factions activists is hosted on the same server's same IP address area as mines. Their site adjoins this site because of their site's domain name's init (you can make sure appearances like that with Google search engine).
⇒You can verify the above situation easily by inputting this site's domain name, analysis-of-giga-ritual.com, in the search box of Google.

Referring to that fact, I assert , there is no relationship between me(this site) and owners of such a site who are strangers to me.
(I add , to avoid misunderstanding owing to the peculiar situation of the commercial server where this site is hosted, I am not an anti-semiticist. I am not an activist who attacks Jewish financial group as if they are the most evil group in today's world. But, I think , true puppeteers exist out of stereotypes, act through the system of the gnosis).


II
I have the policy not to use Social Networking Service like Facebook or Twitter, so if you find the same rare name as mine,"Kenji Ohmori(in Japanese:大森健史)", on such a services , it is not mines.

上にて記載した
[一般向けサーバーに起因する問題]
は ―再発するやもしれぬも― 現時、「表層的には」改善を見るに至った。その点、上の追記をなして間を経ずして検索エンジンが
[紛らわしく、かつ、手前を心底、怒らすような検索結果]
を返さなくなったとの事態に ―見様見方によっては不可解極まりなく― 推移し、それがために「表層的には」改善を見るに至った、と述べる次第である(:ちなみに先の英語断り書き部にての姓名言及部で[レア・ネーム]としているのはファーストネームに対する漢字読みの態様まで顧慮しているからである)。

Post postscript

The above situation was cleared up just after I had added the note (cf. Complementary Note I).
(It is incomprehensible to me that search engine Google became not to return result pages which were misleading to readers and irritating to me just after I had added the note).


サイト冒頭頁へ戻る