プログラムに拘束されし者達がもたらす物語の結末を変えるために

 
 

問題意識の所在

 縁あって本Webサイトを目にすることになられた方々に訴えたきこと、それは我々、全員に関わることだ。

 と、上のいきなりの一文を読まれただけで大半の方は当然に思われることだろう。

『何を大仰な。一体、何様のつもりなんだ?』

 が、我慢して先を読んでいただければ、と思う。訴求したきことが
[世間で語られること少なきも容易に後追い・裏とり可能な情報](とそこから導き出せる論証)
によって支えられた以下の点らであることを含んでいただいたうえで、だ。

・これから先、この世界に何が起こりうるのか。客観的に」「証拠に基づき」、"予測"される最悪の結末のあり方を呈示し、その上でそうした結末を回避するための「対応」を促すいいだろうか。「客観的に」「証拠に基づき」というのがポイントである。同点に関し、私が羊頭を掲げて狗肉を売る類か、よくよくも[検証]していただきたい次第である

・虚偽と矛盾で満ち溢れた呪われた人類史を形作ってきた力学につき「人外」との絡みで ―具体的根拠より導き出せるところの― 真実を明らかにする人外」の一語使用をもってだけでも『電波系と俗称される人種か』『唾棄すべき宗教や神秘主義の徒輩、あるいは、ほぼ同類の地球外生命体陰謀論の徒輩か』と即断されたくなる方もいるだろうが、こらえていただきたい)。

 無論にして上のことは世間一般の視点にあっては

[パラノイア(体系妄想症)・メガロマニア(誇大妄想狂)に陥った類の放言](あるいは[スタイルとして相応の体裁を装っている宗教的詐欺人種(詐狂者)由来の放言])

としか受け取られぬだろうことである。

 だが、予断・偏見を最も抱かれやすき性質のことながらも直近言及した二点のこと([予測される最悪の結末の呈示][人類史への人外介入の根拠の呈示]とのこと)にまつわる詳説、

[話の響きの奇矯さにも関わらず誰が見ても明らかな事実群およびそうした事実群に則ての自然な解釈を[第一義]に展開していくと前言するところである詳説]

をなそうというのが本サイトであると強くも明言する。

 請け合うが、そうした本Webサイトの読解の過程で閲覧者の方々は多くを知り、学ばれることだろう。ここ冒頭部にての語り口上よりデービッド・アイクという名の男が ―「多少」というより「かなり」素っ頓狂な話柄で、それでいて、見るべきところを多く含む話柄で― 欧米圏にて大々的に広めた異説、[爬虫類人人類支配説](国内では相応の者達によって海外より度合い強くも陳腐化されている節ある異説)のようなもののことが脳裏をよぎりもしているとの方もおられるかもしれないが、そういった方は「ナンセンス」と看做されもしている爬虫類人人類支配説のようなものが欧米にて問題視されるに至った背景について[世間一般で指摘されぬことを扱った当サイト内詳説部]の読解過程で多くを知り、学ばれることだろう(抽象論ではなく具象論をもってして、である)。 また、フリーメーソンやその係累(トモダチ)とでも表すべき国家寄生組織たる創価学会を成り立たしめる本当のところの力学 ―社会における悲惨の因でもいい― につき思い至るところがあったとの方もおられるかもしれないが、といった方もその点について当サイトの読解によってより多くを知り理解されることだろう。揚言できることとして、だ(それだけのことを書いている)。 

 以上、述べた上で、開口一番のここでの申し様に見るエキセントリックさ(奇異奇矯さ)にも動じず以降内容を読む気になられたという雅量・心意気を有されている方々に汲んでおいていただきたいことがある。次のような想いを汲んでおいていただきたいのである。

「学び知るだけでは足りないのではないか。多くの人間が想いを言葉に、そして、想いを行動に変えてこそ、意味があるのではないか」:ただし、私は ―この場にて強調し後の段でも何度となく強調することとして"告発"をなしているのだが― [行動]を無責任に押し付けるような言辞は弄しはしない。私に出来ること、それは[行動]を"提案"し、いまだ力と勇気を持った方々、すなわち、私の側に立つ方々に"促す"だけだ)。

 何故、上のように「[行動]が望ましい」などと述べるのか。それは ―これより伝えんとしているところであると先述の点、「これからの人類に何が起こりうると考えられるか」という点に帰着することでもあるのだが― 「コンセンサス(悪しき合意事項)としての変容の時]が近づきつつあるように"見える"」からである。

 その点、
[コンセンサス ―悪しき合意事項― としての変容の時]
とは[白黒市松文様のチェス盤上の駒]の集団たるフリーメーソンが固執しているとも歴年、語られてきたところの、
[新世界秩序実現の時] ―(自分の指を動かされて手ずからお調べになられればすぐに分かろうことと思われるが、ニュー・ワールド・オーダー、[新世界秩序]とは(国内ではあまり語られぬところながら)フリーメーソン由来の語であるとも言われている)― 
と部分的には接合するものであるととれる。部分的には接合するものであるととれるも、と同時に、それは「必ずしも現行の世界の存続を意味しないとのものである」(と述べるに足るだけの事情がある;[新世界秩序]と表されるものが目的であってもその恩恵に浴するのは[厳密な意味での人類]ではないととれる)。
 以下に挙げるIからIIIのようなことが ―常識人にはその奇態さから聞くだに『馬鹿げている』との心証を抱かせかねないことながら― 起こりうると予測される(これから詳述していく[誰が見ても異論なきものと定置できよう具体的根拠]に基づいてそう述べる)。

I."現行"人類は大量間引きされる

II.重力の妙技、アインシュタイン・ローゼンブリッジ(別称:ワームホール)のようなものによって次元の接合がなされるなどして[直接統治の時代]あるいは["卵の殻"としての人類の終焉]がもたらされる(何卒、継続読解意欲を阻喪しないでいただきたい)

III.人間にあっての"魂"と呼ばれるような精神性が完全に圧殺されてしまう;我々の内面の本質部が機械的に破壊されるここでの["魂"という言葉]への言及ひとつとっても新興宗教信者やニューエイジャーなどのスピリチュアル漫談か、と一笑に付される方が大勢いる方が「健全」だろう。だろうけれども、順次、解説していくことになる事柄から ―魂などという抽象概念が何故、古今東西で用いられてきたのか、という背景について― よくよく考えていただきたいものである

 何?次元の接合?人類の絶滅?魂と呼ばれる内面の圧殺?(冒頭よりの流れもあって当然にしての「やはり」付きで)気でも狂っているのか。そうお思いになられる方も多いだろうが(くどくなるも、上文章を目にし、そのような感想を抱く方 ―神秘論者がかった話を一笑にふせるだけの悟性を持った向き― が「大半」といった方が健全であり理想だろう)、
それについての判断は、すなわち、上のI.からIII.で端的に示したような話が[響きに見合った異常な人間の語り口上]にすぎないと打ち棄てられるべきかの判断は呈示情報 ―いいだろうか。駄法螺などではなく「情報」である― および呈示情報より導き出せる立論の適正さにつき検討した上でなしていただきたい
としつつ、話を続ける。 

 さて、(本論に入る前に今しばらく話の方向性にまつわる言及をなすこととし)、上のII.で挙げた[次元の接合]云々の話については[ここにての「奇異・奇矯」と如何物(イカモノ)視されるような語り口上]の中にあって、
「一体全体、何なんだ。馬鹿噺(ばなし)をなしつつ周囲の愚弄を買っているような神秘主義者か何かか」(あるいはもっと簡明に『気が狂った人間か』か)
と疑問に思われる、ないし、拒絶反応を引き起こす側面が取り立てて強きところだろうと見ている(私とて他人がそのようなことを口にしているのを聞けば、当然、予断を持って見る)。
 それゆえ、事前に言及させてもらうが、述べるところの[次元の接合]が何なのかについては後の段にて数万余字を割き、分かりやすくも詳述に詳述を重ねる所存である。物理学分野の学究達の[望ましくなき挙動]とともにである ―[異なる二世界を橋渡しするワームホール(アインシュタイン・ローゼン・ブリッジ)の生成]とのことに関して俎上に挙げるべきは神秘主義者といった人種やその唾棄して然るべき言辞などでは毛頭ない。(その伝で)俎上に挙げるべきは[高エネルギー物理学の研究]で公禄を食(は)んでいる学者達の挙動及びその物言いである― (※)。

(※ワームホールによる次元の接合と直接統治の可能性 などと聞かされると
『実に頭の具合のよろしくなき(あるいは「気の毒な」)申しようである』
『次元云々など非科学的神秘主義者由来の駄法螺であろう』

との心証を「強くも」抱かれることか、と考えられるわけだが(:国内でそういう反応を第三者に与えるべくもの物言いをなしている者達がいることをご存知の向きもおられよう)、そうした中で誤解を恐れずに敢えても述べようとしているのは
「異次元から侵略者がスペースシップのようなものに乗ってやってくる」(まさしくも三文SF のような話であろう)
といったことではない。全くもってない。 
 ここにて[直接統治]などと述べ ―[間接統治の話]とてこのような世界で常識への隷従を強いられている向きには認めがたいことともなろうが― 問題視しもしているのは

現行、執り行われている粒子加速器実験(史上最大規模の実験たる粒子加速器実験)でワームホールが生成される可能性があると真っ当な(極)一部学究にも取り沙汰されていること、そして、これまた真っ当な学究に由来する2004年刊の科学読み本(海外でヒットを見ている科学読み本;書名は後に言及する)にあって 「[科学力が極めて高い先進文明](ニコライ・カルダジェフという天体物理学者が提唱した分類法に則っての科学力高き文明)のことを「想定」した場合、といった文明による[ワームホール越しに凄まじい潮汐力や放射に耐えうる極小機械(ナノマシンのようなもの)を[種子]として出口となる他宇宙に送るといった遠大なる計画]のことも未来予測として考えられる」 との記載がなされていること(後述する)]
そうした言説らの存在ゆえに[可能性として『ありうるかもしれない』と考えられること]が ―「であるから」 軽んじざるべきこととして― かの911の事件と結びついていると述べられるだけの事情がある

とのことである。
 その点についてはウェブサイト上の16頁に分けて書き綴りもしている本稿にての[問題意識の所在―10―]と銘打っているページまでを読了いただければ、細かくもご理解いただけることか、と思う)

 以上がI.からIII.と振って「ありうるところである」としていることらのうち、II.で挙げている「次元接合」についての(委細に踏み込む前の冒頭部にあっての)[まずもっての断り]となるが、対し、上のI.で挙げた「大量間引き」といったことになると、だ。額面通りの陰謀論、[アフリカ奥地辺りから自然発生したとの言い訳を付されたりしての生物兵器の使用]といったフィクションよろしくの陰謀論 ―(いいだろうか。[誰でも確認できる根拠]に決して基づかない凡百の陰謀論など愚論視したうえで敢えて陰謀論のことなどを引き合いにしているのである)― の中で取り上げられるが如くの式が脳裏をよぎったとの方もおられるかもしれない。
 そうしたことがフィクションの話にとどまらず後に述べる「兆候」としての具体的懸念材料の存在のことを顧慮したうえで仮にもし起こされるというのなら、我々にはそれを防ぐ手立てがある。多くの人間が力を合わせ、[不快な者たち]のやり口を暴露、絶滅ボタン押下を止める力を醸成していけばよいのだ(それも先に言及した[汲んでいただき"想い"]の背景にある考えである)。

 また、「これまた」に次いでの「これまた」という形で誤解をなされて当然といった([魂]という言葉を用いての)III.の話についてであるが、それは
魂と呼ばれるようなものの外面とは別の内面にあっての死滅への方向、いい意味で大人になっていない、
[幼年期]の終り:1950年代に刊行された小説、原著初期版表紙に[亜空間から覗く爬虫類の目の如きもの]が「なぜなのか」配されていた人類の黄昏を描いた同名の英国発小説の表題より
をきたす流れが ―科学的操作の問題として― 存在して"いうる"
ということにまつわる話である。といった話についても「この段階での」慮りなどおよそ望むべくもないだろうが([魂]という非科学的な言葉で何を表さんとしているかも含め委細は後述する)、私としてはそちらの方向(流れ)にシフトさせぬための[反対の流れ]もまた力を持った者が皆でアクションを起こすことで ―たとえ今はまだ小川のせせらぎであっても― 「奔流」たりうると期待している次第である。本稿を進めた段階で別途、意図して述べることとも通底することになるが(そして、この部の拙文、殊にニューエイジャー・チックな拙文を読まれただけの段階ではよく分かっていただけないのが当然と見、「胡散臭くとられる方もいようが我慢していただきたい」と実にくどくも述べたきところではあるが)、 量子力学の粒子・波動二重性の側面のように[個(粒子)]でありながらも以心伝心といった言葉で表わされるような波動のように連綿とつながる側面([全])を有しているともとれる人間存在。力を有した者達が同時行動を起こすことでそうした[全]的なる性質を持つように"とれる" ―個々の意識の流れが予想もしえないところで種としての意志に影響を与える性質を持つようにとれる― ヒトの内面に活力と希望を与え、そして、その活力と希望が避けがたいような運命を変えるだけの正の力を生起・醸成させることになりうると見るゆえに、そうも、力を持った者の行動が奔流たりうると期待しているのである (:そうしたことも上述の"想い"の背景にある考えである。さらに、私がその"思想面"についてだけは同意しており、「やらせ」ではなく真なる想いをも吐露していると"信じたい"デービッド・アイクという男、「爬虫類人(と呼ばれる存在)は去るだろう」と強調する男の口にする[魂の復権]も似たような力学で実現できるのではないかと見ている、とも ―誤解されよう中にあってのさらなる誤解を恐れずに― 述べておく)。

 以上、失笑を恐れずに述べたこと、ある程度の数の人間がそれにつき考えていても黙っているような事実群を介して導き出せるとの三つの不吉なる予測が成り立つような状況に抗いたいと考えていることが[ゆっくりと、だが、激しく、この偽りで満ちた世界であがき苦しみ、結果、ようやっと目を覚ますことになった人間]なりの本Webサイト構築の「動機」である。
 以降、―舌足らずながら伝えた― その「動機」をもってして
[問題意識の所在]と題した本導入部
で述べるべきことを述べる

 すなわち、
上に挙げた三つの不吉な予測、「誤解を求めてやまないといったものながら実際には然にあらず」と強調したきものである、
現行人類は大量間引きされることになる
次元の断層、ワームホール[別名はアインシュタイン・ローゼン・ブリッジ]の"ようなもの"が人為的に発生させられ操作者達の直接統治が始まるか卵の殻が割られ孵卵器フランキとしての我々、人類の時代が終わりを迎えさせられてしまう
人間の魂と呼ばれる精神性が完全に滅殺されてしまう
との予測を支える最低限の論拠を ―誰でも跡付けられる具体論でもって― 本導入部で呈示する(導入部のそれ以上に深く詳しい情報については本Webサイト各記事 ―逐次更新予定―、及び、本来なら商業出版の上、今時分、書店に並んでいたはずの公開著作を参照して欲しい)。
 予測を支える最低限の論拠を呈示するとした上で、まず、「とっかかり」として最初に見ていただきものは下に挙げる芸術作品である。

 有翼の女性を中心にした上ステンドグラス、米国大学に飾られている上ステンドグラスの作者は、だ。宝飾品取扱い企業として世界的に有名なティファニーの創業者の息子、ルイス・コンフォート・ティファニー(Louis Comfort Tiffany)である。ここで何故、いきなりティファニー関連の作品を持ち出したのか?明確な理由・意図がある。下に挙げたような理由・意図が、だ。

・上の作品は(一般には)「生命・愛・光を象徴する」とされる。が、現実問題として、ヒトの「命」がないがしろにされ、「愛」は見せかけだけのものが持ち上げられ、「光」への途を説いた宗教も宗教の代替物としての結社 ―代表例はフリーメーソンだ― も人を無知にとどめておくために使役されていた、というのが今日に至るまでの人類史である。その人類史の虚偽を暴き、大災厄発生の途を阻止するためには(表向きには)「生命・愛・光を象徴する」とされるようなもの、上ステンドグラスのようなものを発端に語りはじめるのが望ましいと判断した。

・これが大きい。上スタンドグラス作品を作成した人物も一党に加えられるティファニー。そのティファニー"をも"切り口に世界を変容させる計画について、その実像を予測することが出来るとのことがある(その点につき、トルーマン・カポーティ、「恐るべき子供」などと称されつつも色つきであるがために異数の抜擢を受けたと思しき男が1958年に世に出した小説、 Breakfast at Tiffany's『ティファニーで朝食を』自体が悪魔的ブラック・ジョークの産物であるとさえとれる。飲食店機能を有していなかったティファニーで「ありうるはずがない朝食をとることを寓意する」同小説タイトル。それが「まずティファニーによって象徴されるものから的確・迅速に(fast)、壊す(break)」ことへの比喩的言及だったと見えるという意味で、だ。などと述べると、無論、『馬鹿げている』と思われることだろう。だが、1950年代後半期よりニューヨークで建設に向けて"人形″達が動いていたもの、[はなから壊す目的で造られた祭壇]についての以降の記述内容をお読みいただければ、意図していることをお汲みとりいただけるだろう:It seems to me that Truman Capote's famous novel, “Breakfast at Tiffany's” include demonic joke of puppeteers of unFree-masons.)。

 上が「ティファニー作品を上に挙げた理由・意図」であるが、そのうちの二点目、すなわち、ティファニーで象徴されるものが[恐るべき変容の計画]を端的に示すという話に触れる。おそらく一定以上の階層のフリーメーソン員の実に多くが気づいていることに関する話、非常に重要な話に触れる言っておくが、魂の抜けきった、いわば、ロボットのようになったフリーメーソン員 ―彼らがやってきたこと、そして、これからやりかねないことについては後の段で嫌となる程に実証的なる話をなす― は気づいていてもそれを口にすることをしないし、出来ない。彼らは「死ね」と言われれば、死ぬチェスのポーンのような存在だからだ)。
 後に詳述することしてこの段階では一言しか触れないが、それは
ギリシャ神話に出てくるアトラス(Atlas)に関する話

となる。アトラス。ご存知のない方のために補足しておくが、同アトラスはギリシャ神話に登場する「古き神々」、いわゆるティターン神族に連なる巨人である。そして、神話上の神々の戦い(ティターノマキアー)にて敗者サイドに属していた存在であり、それがために勝者となったゼウスに天界を背負うという役割を振られた存在でもある。
 何?神話の下らない講釈など聞きたくもない?が、先を焦らずに、よく以降の内容を読んでいただきたい。神話の"ようなもの"にもどんなに実用的な人間にも深く関わる比喩が含まれているのだ、ということをお含みいただいた上で、だ(私は神話から馬鹿な教訓譚 ―世俗知を出でぬ教訓譚― を語る学者タイプの役者の真似事をやるつもりはない。(本稿を読み解かれていく過程にてお分かりいただけると請け合うが)[具体的な生死に関わる話]をしているのだ)。 
 話を続けよう。直近表記のように天界を支える役割を振られたアトラスは、だ。「天界を支えるという神話上の位置づけ」と「欧州の人間にとっての進出対象地となった"西の果て"における天界の背負い人との伝説上の居所」ゆえにか、大航海時代華やかなりし折にあたる16世紀以降、欧州発「世界地図」群に描かれるようになった。描かれるようになったうえで地図帳を指す固有名詞にもなった存在である(高等学校で習う「地理」の科目で用いる一部世界地図帳に天球を支える男の彫刻が描かれていたのを目にされ、かつ、ご記憶の方もいるかもしれない。それがアトラスだ。この[地図帳とAtlas]の話は後の話の重大な伏線となると記憶にとどめておいていただきたい)。
 以上を踏まえた上で話を再びティファニーに戻す。ご存知の方もおられるかもしれないが、ティファニーには[アトラスという名を付された商品群]がある。何故か。理由はティファニーのニューヨーク本店(旗艦店)にアトラスの像をかたどった有名すぎる程、有名な時計が飾られているからだ(東京は新宿界隈のティファニー店舗前で目立つアトラス像埋め込み型時計を目にした方もおられるかもしれないが、その理由はそこにある)。
 [ティファニー本店のアトラス時計]と言えば、ニューヨーク五番街、すなわち、マンハッタンの目抜き通りにして世界の富の象徴と呼ばれる一画のランドマーク・名物と言って差し障りなきもの。多くのニューヨーカーがその存在を知っており、かつ、歴史的存在でもある。
 ここで
「そもそも、何故、アトラスなのか」
について触れる前に、である。ニューヨークの名物となったアトラス像はティファニーのそれの他にもあることを先に述べておく。無論、極めて、重要な話だからだが、そこにいう"ニューヨークの他のアトラス像"とは[ロックフェラーセンターに据え置かれている2トン級アトラス像]のことである。陰謀論者達の一部は「ロックフェラーセンターの前に人類に火を授けたとされるプロメテウスの像が置かれているのは人類を照らすイルミナティのマーキングだ」などとするのだが、「真に問題とせねばならぬのは」だ。同じくロックフェラーセンターに据え置かれている[アトラス像(によって象徴される事象)]の方である(ただし、ずっと後で後述するようにアトラスとプロメテウスの像が一緒に建てられていることも問題になる)。

 以上のようなことまで言及したところで、だ。手短かにだが、はっきり言ってしまおう。

かつて、字義通り、多くのニューヨーカーに正確な標準時("時"という規範)を提供していたとされるティファニーのアトラス時計。同じくニューヨークのロックフェラーセンター設営時、すなわち1930年代から目立つ存在となっていたロックフェラーのアトラス像。彼ら世界を支える負荷をおった巨人の模像達は
[この世界の行く末]及び[組織・結社(と性質の悪い存在に称される人形の集団)がそれに則って動かされるプログラムの実像]
を端的に示すもの
である

『何を馬鹿な』と思われる方も多かろう。だが、馬鹿な、で済む話なら、ティファニー一門の(一般には)「生命・愛・光を象徴する」とされる作品などをわざわざ持ち出し、アトラスに話を誘導したりはしない。実態としての「生命・愛・光を完全破壊する」比喩が冗談抜きに[ニューヨークのアトラス]には含まれているからこそ、上のような回りくどい話をなしてきたのだ。Webサイト閲覧者の方々にはこれから箇条表記形式で挙げていくデータ・事実・合理的推論群を順々に検討し、よくよく考えて欲しい最初に断りをなしておくが、以下、箇条書き形式で書いていくことの総文量は「相当」なものになり、内容もまた、かなり入り組んだものになっている ―要素要素に分解、容易に理解していただくべく工夫はしたつもりだが、「要素としての箇条書き部各点」の数だけでもかなりの数にのぼる―。そのため、「軽々しく読みとばせるものではない」と肝に銘じておいていただきたい)。

・アトラスとは"一見"、関係ないようにも見える話から始める。2001年9月11日に起きた一連の「事件」についてだ。そこには数字の「11」がつきまとった。
 まずもって、9月"11"日、ナイン・ワン・ワンという日付だが、「9+1+1=11」である。そして、911の事件時、倒壊したビル群の中で直接的攻撃対象にしてワールド・トレード・センター(WTC)の中枢だったということで取り立ててスポットライトを浴びせられていた「二つの塔」、ツインタワーは共に110階建てだった。いいだろうか。「11」0建てである。
 また、ツインタワーを遠望した際に見えたものは何か。アラビア数字の「11」だ(ローマ数字の「2」ことⅡにも見えるだろうが、ツインタワーの各ビルを数字の1を象徴するものと解して、だ。実はⅡのように見えることも[柱の象徴言語]との絡みで非常に重要なのだが、それは後述する)。
 にとどまらない。911の事件はあのとき、あの瞬間、何を端緒に極めて多くの人間の注目を浴びるようになったか?飛行機のウルトラC的 ―不謹慎な言い回しだがそのように見えるからそう表す― なるビルへの特攻だ。そして、ビルに最初に激突"させられた"飛行機だが、一番、最初にハイジャックされたアメリカン航空"11"便である。また、11だ。
 まとめよう。唯、表層的なる話に終始しただけにすぎないここまでの話にあっても11は「目立つ所に」四回出てきている。9+1+1=11、ビル階数「11」0階、遠望したWTCの姿、アメリカン航空11便という形で、だ。

・上の点「だけなら」まだよい。換言すれば、2001年、911の事件と11の件はそれだけなら「操作」とは無関係なこと、「偶然の一致」ないし「こじつけ」ととることも十二分に出来るものだろう(というより、「偶然の一致」ないし「こじつけ」ととらない方がどうかしている、か)。だが、これから書いていくことを読まれた上でなお、偶然の一致にすぎない、という見解を固守する気になられるだろうか。
 「日本の警察への緊急通報番号は戦後、GHQ(統括者は有名なフリーメーソン員マッカーサー)の要請もあり110番とあいなった」。いいだろうか。「11」0番である(WTCの階数は?)。そして、警察通報窓口に「110番」を採用しているのは日本だけではない。ドイツも中国も110番だ(この程度のことはWikipediaぐらいのものでも確認できる)。
 まだだ。アメリカの緊急通報窓口ナンバーをご存知だろうか。「911」だ。911の事件が起こる前から、そう、ここ"数十年来"、ナイン・ワン・ワンだ。要するに、「11」0番同様、「9+1+1=11」ということで11を想起させる形となっている(それはWTCの110階建ての「2つの塔」が崩壊させられた日付だ)。
 対して日本の警察の緊急事態以外の相談窓口は?あまり有名ではないこととして、「♯9110」となっている。無論、アメリカの通報番号「911」と同様、足し算で「11」となるものだ(できすぎているだろう?)。
 だけではない。消防・緊急にも同じようなことが当てはまる。日本の消防・救急の緊急窓口電話番号は?「119」だ。その「119」、アジア圏でよく用いられる番号でもある「119」、「9」と「1」と「1」ということで、足せば、やはり「11」となるものなのは言うまでもない(アメリカの場合、消防窓口電話番号は警察窓口と共用で911だ。EU圏の消防窓口電話番号、警察窓口も兼ねる電話番号は「112」だが、それはここで述べていることが向かう結論への際立った否定材料にはならない)。
 私は数遊びをなすためだけに上のようなことを述べたのではない。近代史を造ってきた存在、フリーメーソンを動かす力学との絡みで、意味をなすことだからこそ「11」の頻出にこだわってきたのだ(本カッコ内では多少、脇にそれるが、「お勧め」をなしておく。フリーメーソンについて詳しくご存知ではない向きは私の無償公開著作をダウンロードの上、読まれるといいだろう、と。その点、出版社が初版数千部の出版契約、事実上の出版契約を著者としての私の時間と労力を無駄にさせた挙句に異常な形で反故にした同著作は、である。日本語ではフリーメーソンの実態を最も鋭くえぐった著作であると自負する。私のような人間が大嫌いだろうフリーメーソン自身は、そう、多くの「陰謀論者」などという人間の屑を飼っている彼ら自身は完全否定するだろうが。長期的に見てかなりの部数を流通させるつもりだった自著が書店に並ぶとされた予定日の二ヶ月ほど前に[事実上の出版契約を反故にされた件]に関しては弁護士達は訴訟になれば、色々な意味で勝てるだろうとしている(他大手出版を介しての出版などといった代替案を私が固辞していても、だ)。だが、「意義」及び「時間」と相談の上、出処進退を決めることにした。さらに言うと、弁護士達は著作の出版契約反故に至るまでに"何故なのか、なされた"信用毀損行為、それ専門の品性と知的程度の者らを用いてなされた組織的信用棄損行為(その一部内容として非常に具体的なことを ―差し障りなき範囲で― 他所にて詳述している)の法的追及は「難しいだろう」としていたのだが、それについてもいくらでも打つ策はある。筆誅も込みで、だ ―今という局面にあっては『公益のために、この国の腐った言論流通機構やそこに寄生する者達を非難する必要がある』と考えるからこそ、右のように言う― )。
 そう、緊急事態の発露に伴う「11」の頻出は英国の警察・消防窓口が「999」(上下反転して見てみるとよい。お遊びで造られたと思しき『黙示録』の獣の数「666」が浮かび上がることが分かるだろう)であることと同様の性質の悪いメッセージが「メーソン製(ロボット人間お手製)のものとして含まれている」と見るからこそ、微小的なることにこだわってきたのだ。

・電話番号の話と打って変わって預言・予言の話。「2012年に人類が転機を迎える」と強調する宗教関係者/ニューエイジャーといった類の人間が一昔前から目立って登場してきた。何故、2012年なのか。それは「マヤの暦、異論があるも、"一般に"その正確性が強調されるマヤ文明の暦が2012年を画期としている」からだとされている。だが、よくよく考える必要がある。2012年の「12」とは直近の点で問題とした「11」の次の数であるからだ。

・再び、911の事件の話に入る。あの事件は実に多くのサブ・カルチャー作品、すなわち、映画・コミック・ポピュラーミュージックで起こることが前言されていた。時にフリーメーソンのマーキングと共に、である(本Webサイト該当記事や無償公開著作を参照されると良いだろう。より詳しく知りたい向きは「Youtube、Hollywood、911」などと海外情報に強い検索エンジンに入力、動画検索されるのも良いかもしれない。英語ながらも視覚的に非常に分かりやすい911の事件の事前描写を扱った動画群、多く「真の勇士達の手による作(true brave men's work)ではないか?」と私が見ている動画群が目に入ってくる筈だ)。
 極々一例として、ここではそういったサブカルチャー作品の中の「映画」のワンシーン"模写"を挙げておくこととしよう。右模写、一目して分かるように、「中央に穴が開き、粉塵を撒き散らしながら倒壊するツインタワー」、その有り様を見てとれるものだ。とした上で言うが、模写対象としたワンシーンを含む映画は1993年5月に封切られたものである。すなわち、911の事件発生より8年前に封切られたものであり、であるがために、無論、2001年の事件の"直接"描写など観念できる時分のものではないことになる(だから、問題になるのだ)。ここで、模写対象としたワンシーンを含むその映画のタイトルだが、SUPER MARIO BROS. 『(邦題)スーパーマリオ 魔界帝国の女神』となっている。日本のゲームソフトウェアのハリウッド映画化作品でデービッド・アイクという男が「異次元/外宇宙/地球内部に存在している爬虫類人(レプティリアン)が人間を支配してきた」と訴えだすより"相当前に"、そう、6年前後辺り前に次のようなストーリーで封切られた児童向け映画である。
「地下とも接合する、この世ならざる次元に存在する恐竜帝国。その有力者としての恐竜人が次元を接合、この次元に対する侵略を企図している」。
 大人の常識人としては思わず失笑してしまうかもしれぬ、上のようなストーリーの同映画の文化的背景の分析については、だ。私の無償公開著作(本Webサイトからダウンロード可能)に譲るとしよう。譲って、さしあたり問題とするのは海外の告発動画によって911の事前描写を含んでいると私が教えられ、かつ、(海外の)一部世人の間で問題となっている同映画が「何故、(1993年に)911の事件の露骨なる事前描写を含みえたか」だ ―繰り返すが、 『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』では上階に風穴が開き倒壊していくツインタワーが描かれている。同映画に関しては[亜空間の地下]に存在するとの設定の恐竜帝国の拠点、クッパタワーとされるものが次元接合の結果、WTCと融合する様が描かれていることもまた問題なのだが― 。
 それについては事情通の大人の常識人の考えをまずもって代弁してみよう。
「ふむ。(ここで問題とする)映画がアメリカで公開されたのは1993年5月だったね。だったら、こう言えるよ。1993年2月26日にもツインタワーは"テロ"([世界貿易センター地下駐車場爆破事件]/タワーの崩壊を期していたともされ、タワー地下階層に数階をまたぐ大穴を開けた事件)の標的になった。きっと、だからだよ。『(邦題)スーパーマリオ 魔界帝国の女神』にツインタワーの崩壊ネタが出てきたのは」。
 おえっぷ。[食傷気味な程に押し付けられる常識]の担い手が魂が抜け落ちたような態度で偽りをなすときの心情を考えながら書いていて、こちらまで気持ちが悪くなってしまったが、気を取り直して、話を続ける。常識人が口にするだろう上のような常識的見解というやつは致命的な欠陥を含んでいる。何故か。
 第一に「1993年のテロが起こったのは2月末。1993年5月下旬公開の映画にその内容を急遽、織り込んだとは考えづらい」(映画が完成し、フィルムが宣伝・流通させられる常識的日程を考えるべきだ。必要性の問題も加味して)。
 第二に「1993年のテロは地下駐車場で爆弾が爆発したというもの。と同時に、人的被害は大きかったが建物(構造強度)自体への被害は軽微であったと"すぐに"判明した、とのものである。であるのに、映画の中のツインタワーには地下駐車場ならぬ上階に風穴が開き(まるで後に飛行機が突っ込むことになるのを暗示しているようだ)、タワーが倒壊する様が描かれている(再度、述べるが、1993年のテロは建物の堅牢さを実証したにすぎない)。だからこそ、映画の描写は不自然である」。
 そして、これだけ述べれば、実のことを言って一切の前置きは不要になってしまうこととして「第三に」である。「(繰り返すも)911の事件について前言していたような映画は"ざらにある"という程にある。その中にはここに挙げた『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』より遥かに露骨に911の事件について前言していた映画もある。見る人間によっては完全に犯行予告作品"そのもの"となっている『ファイトクラブ』(後述)がその代表例である」。

(※これより細かくも述べていく[我々全員の生死に関わる問題]につき真剣に[裏とり]をなそうとの方は直近述べたこと ―エキセントリックと強くもとられよう911の事前言及の話― からしてよくよくも検証していただきたい次第である。
 その点、柔軟性の面で救いようがない人間(というよりそういう状況を招来せんとしているといった人間か)が言下に否定したがるような[映画群の問題となる描写]についてはオンライン上から容易に特定できるようになっているのでその確認を請いたい(動画サイトでは[異論を許さぬ映像証拠]が多数公開されている。[各映画タイトル]と[911]をキーワードに確認されてみるとよいだろう。言っておくが、真偽不明瞭では「ない」ことは[都市伝説の類]と呼称すべきではない。臆病者らはそうしたがるようだが)。
 他面、[シーンの撮影時期が問題となる映画 SUPER MARIO BROS. にあっての上階に風穴が空きつつタワーが倒壊するとの描写]と被害態様の違いが顧慮されるべきである、
[1993年のツインタワー地下駐車場爆破事件](ツインタワー崩壊を期してなされたとされもし、なおかつ、現実に最大30メートル大の垂直方向 ―映画のように壁面から反対壁面に向けての水平方向ではなく下から上の水平方向― での穴をツイタワー地下駐車場複数階にまたいで開けることになったとの事件)
については[地下で用いられた爆破物の数倍規模の威力をもってしてもツインタワー崩落との結果をもたらすことはなかったとされる被害態様]につき容易に確認できるようになっているのでその確認をも請いたい(:有為転変としているとの媒体性質より記述内容変更をこれより見るかもしれないが、現時、和文ウィキペディアの[ワールド・トレード・センター(ニューヨーク)]と付された項目にも「1993年の事件については事件後調査によって地下駐車場での爆破行為がタワーの構造強度に何らダメージを与えなかったこと、また、事件で得られたシュミレーションから事件の数倍規模の爆発規模でもタワーの構造強度に影響を与えないだろうとされた。ゆえに、WTCは1993年の爆破事件の二ヶ月後には[最も安全なオフィス]と号しつつも運営を再開した」といった記述がなされている)

 箇条表記部はまだまだ続く、としてだ。そろそろWeb上の頁(ページ)をあらためた方が良いだろう。

次のページへ〔NEXT PAGE〕

     

 本文とは別にこの場をもって「枠外補足」をなしておく:補足はに続く各点よりなる。

Webサイト冒頭にあたる本頁から「計画(プログラム)実在問題についての箇条書き」をなしはじめているのだが、あらかじめ、以下の各点〔1〕-〔5〕をお含みいただきたい(無論、読者の方々の「より深い理解」/「完全な理解」のために、である)。

〔1〕本文でも多少、付言してはいるが、本頁開始の「箇条書き部」だけでも相当な文量になっている。具体的文量だが、「以降続く箇条書き部だけでも8万字を軽く超過している」といった具合だ(Web上で箇条書き部に割いた頁数[問題意識の所在1]-[問題意識の所在8]と題した各頁よりなる計8頁であるが、「文字数については図像込みでハードカバー書籍の百数十ページ相当」と述べれば、よりわかりやすいだろうか)。箇条書き部を除いた本カテゴリ全体の文量となると18万字を軽く超過してしまうのだが、とにかくも、「箇条書き部だけとっても軽く読み飛ばせるものではないこと」を把握しておいていただきたい(「先の見えぬ泥沼突入感覚」にわずらわされないように)。
〔2〕上の点を読んだ時点ですでに鼻白んでおられる方もいそうな中であれなのだが、さらに付言しておく。長き航海の途に連なる箇条書き部の内容は「相当、複雑な内容を多々、含んでいる」(しかし、私がメッセージを伝えたいのは"全ての人間"であるため、下の〔3〕でも触れるように段階説明方式を採用。真実を探る気がある限り、誰でも理解できるよう工夫してもいる)。その点"も"お含みいただきたい。

 上に挙げた2点、〔1〕-〔2〕は不快極まりない真実を知る勇気をもった方々へ「読み解く覚悟を問うためのもの」だが、次に挙げる〔3〕-〔5〕の3点を留意していただければ、航海は[理解不能で座礁(不快"なだけの"経験)]ということにはならないだろう。

〔3〕Webページを「保存」するなりして「トピック単位で段階的に」精査していくのが望ましい「宝の地図 ―本件では我々が知らねばならぬことだが― が書かれた極めてピース数が多いパズル」について考えて欲しい。そのようなものを完成させて喜ぶ趣味人以外にとってはその構築自体は不快事以外の何物でもないだろう。そこでピースに丁寧に番号を振ったわけだ。あとは「ピースの番号」こと「段階説明」をきちんと読み解いていただければ、と思う。順序をたがえないようにしながら)
〔4〕途中で居場所が分からなくなっときに備え、前頁の内容を即座に確認できるような体制で読み解くのが望ましい言葉を換えて言えば、「携帯端末ではなく、デスクトップ型 / ノートブック型端末にて文章閲覧する」ことを強くお勧めする。出来れば、[各ページ単位での印刷]をなしてのじっくり向き合える環境下での検討が望ましい
〔5〕文字色を変えて書いている括弧()内表記部に関しては「補足情報と割り切って読んでいただいても構わない/カッコ内記述に翻弄されて大意を見失いよう注意して欲しい」というのが筆者スタンスである、と理解しておいてもらいたい括弧内表記部にも重要な内容・情報を含んでいるところはある。しかし、読みとばしたうえでも"おおよその"文意が伝わるようにしている

本導入部、「計18万字超の論稿」は公益のためにとPDF文書化、本Webサイト該当箇所 ―「無償公開著作ダウンロード・カテゴリ」― から一括ダウンロードできるようにもしておいた。Webブラウザの効率的使用方法についてご存じでなく、Webサイト上の情報を把握するのに困難を覚える方はそちらの文書を参照されるのもよいだろう(ただし、右PDF文書、Web上の記載内容を多くそのままにPDF化しているため、多少、不自然なところがあるとも断わっておく)。

 PDF版論稿についての追記

 公開に向けて本サイトの主要部を収めてのPDF文書を作成した折 ―2010年度下半期― 、その文量は18万字程度に達していた(上述の通りである)。
 であるが、『それとても物足りないものである』と後に考えるに至り、
細かき追記・訂正をなし、なおかつ、文量多くもの補足部を付した計45万字超の改訂版論稿
を新たに公開することにした(:同改訂版のタイトルは従前どおり『911の儀式性詳説及び起こりうべき災厄の予測』である。また、同改訂版論稿の文量は紙幅にしてハードカバー二巻本に相当するような按配となっている ―「生き死にに関わる問題ゆえに」と寸暇を惜しみ、そのような超長文の論稿を作成・公開することにした次第である― わけだが、同論稿ではより読み手が読み易きものとなるようにと傍注部を多々、設けるなどの工夫をなしている)。
 心ある向き、すなわち、[自己の信条と矛盾する不快なことでもそれが真実であるのならば目を瞑(つぶ)らず、尊厳もなくただただ家畜のように殺されていくのならば絶望的状況でも暴虐に抗うとの気風を有した向き]に対しては同改訂版論稿を下にてのリンク先からダウンロード、検討されることを強くも勧めたい([改訂版]を印刷し線を引きながらでもご検討いただければ、ウェブ上16ページに収めたことの内容はすべて押さえていただける上、100ページ超のPDF版補足部を通じてさらなる理解も得られることか、と思う)。

PDF論稿ダウンロード用のページは下のリンク先より

公開著作ダウンロード用のページへ(下線付きテキストをクリックすることで遷移)

※リンク先のページでは別著作たる拙著『人類と操作』の紹介部下部より該当PDFファイルをダウンロード可能としている。

ここにて紹介している当サイトをまとめてのPDF論稿、『911の儀式性詳説および起こりうべき災厄の予測』(改訂版)と同じ頁を介して配布電子版をダウンロード可能としている拙著『人類と操作』についての「一応の」断り : 直近の部にてリンクを貼ったダウンロードページで同様に電子版取得可能としている拙著『人類と操作』は2009年にその核となる部(商業出版を前提にして作成していた核となる部)が完成しており、同じ年に出版社の手に渡っていた著作ともなるのだが、同『人類と操作』には[当サイトで問題視しているブラックホール絡みの不可解事]について多くのことを気付く前のやや楽観的な胸中にて作成した著作としての側面、神秘主義的論調に対する批評との形で過度に形而上的な話(実証不可能な本質にまつわる話)に ―そうしたものであると度々、文中にて断りながらも― 言及している著作としての(人によってはあまり誉められたものではないとなりもするだろう)側面が伴っていること、一応、断わらせていただく(:ただし、といった著作ながらも拙著『人類と操作』(初稿2009)は[データや図像を用いての一部の文献的事実に対する解析の下り]だけで易々と常識を破壊するだけの威力は有していると明言するところのものであり、そうした性質ゆえに本サイトの重要な訴求事項を「強くも」補う内容を有していると述べられるもの「でも」ある)。 対して、ここにて紹介している『911の儀式性詳説および起こりうべき災厄の予測』(改訂版)『人類と操作』と相補関係にありながら、その内容は ―形而上的側面(実証不可能な本質論を展開しているとの側面)を『人類と操作』よりなぞる程度に踏襲しつつも― 「よりプラクティカル(実際的)で」「より情味乏しく」、すなわち、「生き死にに関わる問題を淡々と語るとの色彩が強い」ものであるので、両著を複合検討されるとの方は両著筆致(テイスト)の違いに惑わないように(あるいは筆者を鵺(ぬえ)のような輩と見ないように)していただきたい次第である

※本導入部は計16頁よりなるが、各頁の内容は下記の通りとなっている(クリックすることでそれら各頁に遷移も可能)。全体の構成につき、ざっと見しておくのもいいだろう。

第一頁:本ページ。「911とアトラスの間に関係がある」とだけ言及した頁。[箇条書き]を開始
第二頁:911にまつわる[箇条書き]継続頁。神話とプログラムの関係を理解するための前提知識紹介
第三頁:[箇条書き]継続頁。神話とプログラムの話が現代社会にどう関わるか言及
第四頁:[箇条書き]継続頁。フリーメーソンとプログラムの関係に言及。アトラス問題に言及開始
第五頁:[箇条書き]継続頁。アトラスの名称を用いた重要事象について紹介
第六頁:[箇条書き]継続頁。911の事件がメーソンに起こされたと立証
第七頁:[箇条書き]継続頁。第六頁の内容を受け、後の内容への布石となる話を展開
第八頁:[箇条書き]終了頁。既述の内容を引き合いにしつつ、アトラス・プログラムの実在を立証
第九頁:アトラス・プログラム実在告発に対する想定される反論とそれに対する回答を掲載
第十頁:プログラムの帰結として起こりうべきことの推察。次元接合懸念詳述(物理学重要視)
第十一頁:プログラムの帰結として起こりうべきことの推察。次元接合懸念と本質改変懸念を詳述
第十二頁:プログラムの帰結として起こりうべきことの推察。本質改変懸念につき詳述
第十三頁:プログラムの帰結として起こりうべきことの推察。本質改変懸念につき詳述
第十四頁:プログラムの帰結として起こりうべきことの推察。本質改変懸念につき詳述
第十五頁:プログラムの帰結として起こりうべきことの推察。大量"間引き"実行懸念につき詳述
第十六頁:まとめと最後の訴求

細かく、かつ、非本質的な事ながら、補足しておく。
「本Webサイトは特定のウェブブラウザ(インターネット閲覧用ソフト)を用いた場合、[ブラウザ固有の表示能力の問題]もあって、一部画像が表示されない格好となっている(拡張子pngの画像を用いているため)」。
 具体的に言えば、日本で極めて使用者比率が高いマイクロソフト提供ブラウザ、インターネット・エクスプローラーの旧バージョンの過半でいくつかの画像が表示されない格好となっている。そこにいう表示されない一部の画像は「本Webサイトで訴求したき本質テーマに関わるものではない」ものの、貴方が本Webサイトの全情報把握の必要性を感じるのならば、インターネット・エクスプローラー以外のウェブブラウザを使用することをお勧めする(:ウェブブラウザは無償でダウンロードできるものばかりである。セキュリティ設定に最大限、気をつけつつ、他のブラウザ、例えば、Opera、Firefox、Safariといったものを使用することを私としてはお勧めする)。

[サイト公開後にあっての追記部]となるが、下のようなことを補足する必要も出てきた。

重ね重ね見苦しくも[必要を感じての再付記]となる。


次のページへ〔NEXT PAGE〕

 必要ととらえたがため、劈頭(へきとう)脇の部にて付すこととした[追記]として

 昨今、[当サイト運営者本人になりすますが如くの態様でのサイト内長文と図画像の無断転載行為]の表出を見ている。

 といったことは当サイト訴求事項から見れば[非本質的なこと]であるととらえているのだが、すなわち、(意中の問題として)重要な事柄らを訴求するために設けたとの当サイトの目立つところにて言及するに値せぬ[蝸牛角上の争い(に通ずるとの挙動)の如きもの]であるともとらえているのだが、遺憾ながら、当サイトのドメイン名や手前著作名で検索エンジンを動かした際に[相応の色が付いたまがい物]が極めて目立つように、かつ、誤解を招くように表示されてくるとの状況を見るに至っている ―すなわち言論活動そのものへのダメージも想起されえるとの状況を見るに至っている― とのことがある。
 それゆえ、「自身の言論を守らんために」ここ劈頭の部にてその点についての解説をなすために設けたページの案内をなしておくこことする(局面に応じてこの案内はこれより場所移転させようとも考えている)。

⇒(権利侵害状況を解説するための当サイト内ページへは以下のリンク部より/同ページのようなものも当サイト言論の値打ちを判断する材料となしていただければ幸甚である)
[analysis-of-giga-ritualを巡る動向として](クリックすることで遷移)

 ご覧いただければお分かりになろうこととして当サイトは「非常に奇矯」とのことを論じている、とのものともなるが、そうしたこと(エキセントリックなこと)を何ら論拠呈示することなく、あるいは、フリークショー的な態様で述べようとするのに終始するだけ、といったページら、ここにての付記部を設ける要因となっている[なりすますような格好で図画像・長文無断転載行為をなしさえしている相応のページら]と何卒、一味同仁には見ないでいただきたい(当サイトが第三者検証不可能な論拠に範を置いているようなものでは断じてないこと、当サイト「それそのもの」の検討を通じご確認いただきたい)。

 そのように願わせていただきつつもの冒頭よりの追記とさせていただいた。

著者識